TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

2.私たちが抱える農業の様々な課題【私たちのそして世界の食生活を支える育種技術】

食の疑問に答えます

これからの農業の課題

例えば、
これからの農業の課題

育種が抱えている課題 ー日本の問題

農業の担い手の減少・高齢化

育種が抱えている課題1

○生産コスト、労力が軽減される生産しやすい品種
○若手が作りたい!と思う農作物品種の育成

海外の遺伝資源の利用が困難に

育種が抱えている課題2

●気候変動や人間の経済的活動による環境変化に伴う遺伝資源の喪失
●遺伝資源を保有する国の主権的権利が認められ、相手国と利益配分について合意が得られないと利用できない

問題解決に役立つ品種が早く欲しい!

問題解決に役立つ品種が早く欲しい!

育種の分野でも活躍が期待される“ゲノム編集技術”

○ゲノム編集技術は、新しい技術として注目され、最近は新聞やニュースでも取り上げられています。
○医療分野では、生殖医療、再生医療、難病治療など医療分野での応用が期待されています。
○ただし、遺伝子の書き換えができる技術であるため、特に生殖医療などでは研究や実用化に対しては倫理的対応が求められます。

農業分野では、新しい育種技術のひとつとして、効率よく望む品種を作ることができるのではないかと期待されています。

出典:くらしとバイオプラザ21(一部再編集)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 2

    第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. アイダホでそんな騒ぎは起きていませんよ【コラム】

  2. 「妊婦のグリホサート摂取量は想像以上に多く、自閉症など発達障害との関係が取りざたされている」という主張を『週刊新潮(2020年4月30日号)』で読みました。根拠はありますか。

  3. 5. 正しく使えば、農薬を使用する人の安全性は確保される【農薬をめぐる重要な10項目】

  4. 渕上桂樹(農家BAR NaYa/ナヤラジオ)

  5. 無農薬でアレルギー増加ってホント?

  1. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  2. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  3. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 世界のグリホサート安全性評価

  5. 間違い!反バイオテック活動団体が流布するストーリー 資金源追跡データから明らかに!

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP