TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

2.私たちが抱える農業の様々な課題【私たちのそして世界の食生活を支える育種技術】

食の疑問に答えます

これからの農業の課題

例えば、
これからの農業の課題

育種が抱えている課題 ー日本の問題

農業の担い手の減少・高齢化

育種が抱えている課題1

○生産コスト、労力が軽減される生産しやすい品種
○若手が作りたい!と思う農作物品種の育成

海外の遺伝資源の利用が困難に

育種が抱えている課題2

●気候変動や人間の経済的活動による環境変化に伴う遺伝資源の喪失
●遺伝資源を保有する国の主権的権利が認められ、相手国と利益配分について合意が得られないと利用できない

問題解決に役立つ品種が早く欲しい!

問題解決に役立つ品種が早く欲しい!

育種の分野でも活躍が期待される“ゲノム編集技術”

○ゲノム編集技術は、新しい技術として注目され、最近は新聞やニュースでも取り上げられています。
○医療分野では、生殖医療、再生医療、難病治療など医療分野での応用が期待されています。
○ただし、遺伝子の書き換えができる技術であるため、特に生殖医療などでは研究や実用化に対しては倫理的対応が求められます。

農業分野では、新しい育種技術のひとつとして、効率よく望む品種を作ることができるのではないかと期待されています。

出典:くらしとバイオプラザ21(一部再編集)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 1. 科学的な文章の読み方【科学的な情報の読み方と伝え方】

  2. 農薬メーカー座談会「野菜売り場で農産物の『安心』を伝えるために」 農薬メーカーが果たすべきこと(前編)

  3. 『農薬=悪!?農薬に対する3つの誤解』【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 【米国生産者からの忠告】小麦の収穫前散布も「ジャップが食べる分だからいい」も作り話

  1. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

  3. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  4. 韓国における有機農産物と学校給食の実態

  5. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP