TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

浅川芳裕(農業ジャーナリスト、農業技術通信社顧問)

執筆者

1974年山口県生まれ。農業ジャーナリスト。『農業経営者』副編集長兼(株)農業技術通信社専務取締役を経て、現在、同社顧問。
主な著作は『日本は世界5位の農業大国』(講談社)、『日本農業が復活する45の理由』(文藝春秋)、共著は『農業で稼ぐ! 経済学』(PHP研究所)『これからの地域再生』(晶文社)など多数。
農業政策アドバイザーとして、民間、行政、政党、農協、農業法人向けに農業・農村の成長発展に寄与する助言を行っている。浅川芳裕事務所代表。スマート・テロワール協会顧問

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「妊婦でも(グリホサート)摂取量は想像以上に多く、自閉症など発達障害との関係が取りざたされている」という話に根拠はありますか。

  2. 『有機・無農薬』を超えて─ 農産物の『安心』を伝えるために:作物保護戦略としての総合的害虫管理(IPM)

  3. 化学肥料に関するデマで打線組んでみた! 【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. 9. ポストハーベスト農薬も、残留基準値で管理されている【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. 輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  1. 世界のグリホサート安全性評価

  2. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  3. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

  4. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP