TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

グリホサートは安全だけど、ラウンドアップ(主成分はグリホサート)は毒性の強い界面活性剤などが使われており、危険なのでしょうか

食の疑問に答えます

ラウンドアップ類似製品(※1)にはどれも除草作用があるグリホサートと、その働きを助ける界面活性剤などが入っています。ラウンドアップ類似製品の種類は多く、2012年にヨーロッパで登録されたものだけでも2000種類を超え、そして、それらに添加される界面活性剤の種類は製品によって異なります。

では、ラウンドアップに添加されている界面活性剤は本当に危険なのでしょうか。

「英国メネージ教授らの除草剤に含まれる界面活性剤に関する論文」で確認してみましょう。界面活性剤の培養細胞に対する毒性を試験管内で調べた研究です。

第一世代のラウンドアップに含まれていたPOEAと呼ばれる界面活性剤の毒性については、グリホサートの毒性より強かったことが確認されています。しかし、1990年代中期から毒性が約100分の1の界面活性剤に変更され、安全性が高い界面活性剤に置き換えられたとの結果が出ています。つまり現在は、グリホサートより毒性が強い界面活性剤は使用されていないのです。

よって、「完成品のラウンドアップは有効成分のグリホサートより100倍以上毒性が高いことがある」という記述は完全な誤りです。

※1:ラウンドアップは製品名。「ラウンドアップ」は特許が切れたので、多くの企業がほぼ同じ成分の製品を違った名前で販売している。それらをここでは「ラウンドアップ類似製品」と呼ぶ。
※2:出典 R Mesnage, C Benbrookb, MN. Antonioua. Insight into the confusion over surfactant co-formulants in glyphosate-based herbicides.
https://doi.org/10.1016/j.fct.2019.03.053

※週刊新潮ファクトチェックより

『週刊新潮』(2020年4月16日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証1

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.8)

  2. 2

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  3. 3

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 4

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP