TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

「国産小麦以外、パン、天ぷら粉、スパゲッティといった小麦粉製品の五割からグリホサートが検出される」「輸入小麦から猛毒」と聞きました。国産小麦製品以外は食べてはいけないということですか。

食の疑問に答えます

人が一生涯に渡り、毎日摂取しても毒性のない量である「一日摂取許容量(ADI)」というものがあります。同記事で検出されたというグリホサートのADIは、体重1kgあたり1mg/日です。体重60kgの人の場合、 ADIは60mgということになります。

このADIと一日に消費する小麦製品からの検出量とを比較してみましょう。そうすれば、その量が本当に「猛毒」かどうかわかるはずです。

答えは、ADI(一日摂取量)のわずか0.0029%~0.163%となります。

※算出方法
まず、日本人の1日当たり小麦消費量を計算。年間消費量32.4kg(農水省、2018年)÷365日=89g/1日。次にそのグリホサート検出量(推定)を計算。1㎏あたり0.02〜1.10mgの89g分は0.00178~0.0979mg/日。この数値を体重60㎏の人のADI60mgと比較するには、0.00178~0.0979mg÷60mg=一日摂取量の0.0029%~0.163%。

許容量と比べてきわめて微量だとわかりますが、それでも「猛毒」なのでしょうか。

グリホサートだけではなく、化学物質には「用量作用関係」というものが存在します。高濃度では毒性があるものであっても、低濃度であれば毒性は見られない(無害)のが通例です。多くの実験から、グリホサートにもこの原則が当てはまることが科学的に証明されています。

ですから、「猛毒」というのは明らかな誤りで、皆さんを不安にさせる不適切な表現といえます。

参考

※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月16日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証1

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. なぜ農薬は医療品と比べて必要な試験が少ないのですか?この試験で、子どもやお年寄りなどに影響がないと言えるのですか?

  2. 経営論で語るIPM−IPMの幅を広げる生物資材その開発と普及

  3. 『農薬=悪!?農薬に対する3つの誤解』【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. ラウンドアップ裁判の深層分析【前編】 なぜ科学は裁判に敗れてしまうのか? 凄腕弁護士の訴訟テクニックを完全解剖【コラム】

  5. 種子法のどこが時代遅れになったのか?

  1. 化学物質ってなーんだ? その1

  2. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  3. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP