TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

「日本人の尿を調べたら、多くの人からグリホサートが検出されるといわれる」という意見があります。心配しなくて大丈夫でしょうか。

食の疑問に答えます

尿から検出されると聞くと大変ご不安に感じるでしょう。しかし、「検出=危険」とすぐに考えることはありません。

大切なのは、「どのくらい検出され、その量がADI(一日摂取許容量:人が一生涯に渡り、毎日摂取しても中毒を起こさない量)と比較してどの程度か」という視点で理解することです。

人の尿を検査すると、通常1〜10μg/ℓ(1μg=0.001mg、つまり0.001〜0.01mg/ℓ)のグリホサートが検出されるといいます。

グリホサートのADI(一日摂取許容量)は「体重1kgあたり1mg/日」です。つまり、体重60kgの人であれば、1日の摂取許容量が60mgとなります。

その60mgと、尿から検出される0.001〜0.01mg/ℓという量を比べてみましょう。許容量のわずか6万分の一~6000分の一ほどの極微量だとわかります。まったく心配いりません。

しかも、それは体内にとどまる量ではなく、尿によって排出されている量です。微量のグリホサートが作物や水を通して仮に体内に入ったとしても、排出され、時間とともに減少しているのです。

参考


※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月16日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証1

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 子供が怒り出したり、学校の成績が下がり始めた原因とグリホサートを結び付ける記述※が週刊新潮(2020年4月30日号)にありますが、科学的にありえますか。

  2. 農薬を減らそう! IPMという考え方【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  3. 「ラウンドアップ風評問題の構造理解」(前編)―緊急セミナー「ラウンドアップ問題を考える」より【パネルディスカッション】

  4. 第1回 バランス感覚を身につけよう【たてきの語ろう農薬】

  5. 鈴木勝士(日本獣医生命科学大学名誉教授)

  1. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  2. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  3. 間違い!反バイオテック活動団体が流布するストーリー 資金源追跡データから明らかに!

  4. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP