TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

3.そもそも育種って どのようなもの?【私たちのそして世界の食生活を支える育種技術】

食の疑問に答えます

新しい品種ができるまで

遺伝資源を探す:目的にあった親品種を探す

育種では今ある品種を交配して新しいものを作ります。 交配の“親”になる品種は種苗会社やジーンバンクに大切に保管されています。

農林水産省ジーンバンク 種子庫の様子

交配する:交配して新しい性質の個体を得る

交配して新しい性質の個体を得る

戻し交配:他品種の遺伝子を組み込む方法

他品種の遺伝子を組み込む方法

育種の現場:イネの場合

イネの場合

たくさんの「設計図」が解明されてきた

たくさんの「設計図」が解明されてきた

出典:くらしとバイオプラザ21(一部再編集)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 2

    第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. (妊娠中のラットへの投与試験で)「親や仔に影響がなく、孫の世代で、それも低用量でも胎仔の発育不良や胎盤形成異常が起こっています」と言われることがありますが、農薬登録にあたって同様の試験はされていないのでしょうか。また、孫の世代にだけに異常があることは起こりえるのでしょうか。

  2. 無農薬でアレルギー増加ってホント?

  3. EPAがグリホサートに関する登録審査の中間結果を公表

  4. どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. アイダホでそんな騒ぎは起きていませんよ【コラム】

  1. 間違い!反バイオテック活動団体が流布するストーリー 資金源追跡データから明らかに!

  2. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  3. 世界のグリホサート安全性評価

  4. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP