TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.8)

食と農のウワサ

生産現場のリアルな声を発信する日本有数の農業チャンネル「トゥリーアンドノーフ」を運営する徳本修一氏が、グリホサート問題の歴史的経緯から背後で蠢くビジネス人脈、科学的評価や対立の解決法まで、食の安全安心の権威・唐木英明氏に聞きまくった1時間。グリホサートの真実とは【完全版】をAGRI FACT用に再構成してここにお届けする!(vol.8)

世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か

徳本 まさしく木を見て森を見ずで、一つの事象だけを拡大解釈してミスリードを煽る典型的な例ですね。
このコメントも多いのですが、「ラウンドアップは世界中で禁止されているのに、なぜ日本ではどんどん使われているのか」。これについてはいかがですか。

唐木 ラウンドアップの有効成分グリホサートは現在、世界150カ国以上(AGRI FACT調べによると2021年10月時点では156カ国)で農薬として承認されています。ニュースになるのは確かにどこかの地域でラウンドアップ製品が禁止されたとかですし、ある国でラウンドアップ製品を何年後に禁止しようとする法案が提出されたといったニュースは大きく報道されがちです。しかし実際にラウンドアップが禁止されたら農業生産できない国がたくさんあります。

米国でも南米でも、あるいは中国などでも先ほど言ったように遺伝子組換え作物を生産していて、その8割がラウンドアップ耐性です。ラウンドアップを禁止してしまったらラウンドアップ耐性の遺伝子組換え作物は生産できず、トウモロコシも大豆も綿も作れなくなってしまいます。世界中の食品規制機関によって安全性が確認されているのだから、使用する国がこれだけあるのは当たり前ですし、もちろん日本も国内では栽培していませんがその恩恵を受けています。ちなみにラウンドアップの承認国数は、東京パラリンピック2021の参加国が161の国と地域といわれてますからほとんど同じ。まさに世界中と言ってもいいと思います。

さらに理解を深めたい場合は

グリホサートの真実とは<2> -「食の安全」の世界的権威に聞いてみた!〜完全版

 

プロフィール

唐木英明(公益財団法人食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授)
徳本修一(トゥリーアンドノーフ株式会社代表取締役)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 食の安全を科学で検証する ‐15- =東京大学名誉教授、食の安全・安心財団理事長 唐木英明=

  2. 丸山 純一(新潟食料農業大学 食料産業学部食料産業学科フードコース長 教授)

  3. 第14回 インタビュー:なぜ発達障害と有機給食を結びつけてはいけないのか①【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 根拠の乏しい仮説! 腸管内のアミノ酸合成を抑制して健康被害をもたらす

  1. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  2. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  3. サクッと農薬取締法【農業は存じておりませんが、何か?】

  4. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 韓国における有機農産物と学校給食の実態

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP