TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

【科学的根拠なし】検証内容「米国では(ラウンドアップの主成分グリホサートは)発達障害の原因のひとつ」山田正彦氏(元農水大臣)

食と農のウワサ

「(グリホサートは)米国では発達障害の原因のひとつ」山田正彦氏(元農水大臣)

AGRI FACTによるファクトチェック結果

科学的根拠なし

その理由は?

グリホサート(ラウンドアップの主成分)が発達障害の原因であることを証明した科学論文は存在しないため。

AGRI FACTのファクトチェック【対象と選択基準】
AGRI FACTのファクトチェック【評価基準と判定】


以上の要旨はAGRI FACT事務局が作成したものです。
詳細は以下でご確認ください。

農業にまつわる噂・ニュースの真偽検証サイト AGRI FACT(アグリファクト)は、2019年11月30日、「米国では(ラウンドアップの主成分グリホサートは)発達障害の原因のひとつ」山田正彦氏(元農水大臣)との記述についてファクトチェックを行い、「科学的根拠なし」とする調査結果を発表した。

ファクトチェックした記述内容

「(グリホサートは)米国では発達障害の原因のひとつ」

記述内容の原文(検証対象は太字部分)と出典

グリホサートは癌になるだけでなく、脳神経を直接侵すものとして、米国では発達障害の原因のひとつだと指摘されています。
出典:山田正彦氏(元農水大臣)のブログ(2019年06月20日)
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12483540404.html

ファクトチェックの検証結果

万が一「グリホサートが発達障害の原因の一つである」という指摘が科学的に証明されたら、米国政府は直ちにグリホサートを使用禁止にするだろう。
科学的根拠の有無を知るために、MedLineなどの文献検索サイトで、developmental disorder(発達障害)とglyphosate(グリホサート)の用語で検索したところ、5つの論文があった。(下記参照。タイトルの日本語訳はMedLine)

5論文の検証結果

論文①では、これまでに報告された10報の論文を調べた結果、グリホサートと自閉症に関係があることを報告した論文は1報あったが、他の論文では関係が認められず、総合的に判断して、グリホサートと自閉症の関係は認められないと判断している。
論文②は、腸内細菌と自閉症の関係を文献検索すると、「クロストリジウム属の腸内細菌の増加と自閉症には関係がある」という論文と、「家畜や実験動物の消化管でグリホサートがクロストリジウム属の腸内細菌を増やす」という論文がある。この2つをつなぎ合わせて、グリホサートがクロストリジウムを増やして、その結果、自閉症が起こると考える人もいる。しかしこれは単なる仮説であり、科学的に証明されていない。もし証明されていたら、グリホサートの使用は世界的に直ちに禁止になっているはずである。
論文③④⑤は自閉症と関係があるかもしれない環境要因について調査している。自閉症の原因として疑いがもたれた環境要因は多く、これらの論文ではグリホサートが原因と特定はしていないし、グリホサートがどのように自閉症を起こすのかも証明していない。
つまり、グリホサート(ラウンドの主成分)が発達障害の原因であることを証明した科学論文は存在しない。
ゆえに、「米国では(ラウンドアップの主成分グリホサートは)発達障害の原因のひとつ」という記述は「科学的根拠なし」(評価基準と判定)と判断される。

 

【記】

①グリホサートと有害な妊娠結果、観察研究の系統的レビュー。
Glyphosate and adverse pregnancy outcomes, a systematic review of observational studies. BMC public health. 2016 06 06;16;472. doi: 10.1186/s12889-016-3153-3.
②クロストリジウム属細菌と自閉症スペクトラム条件:グリホサート環境レベルの系統的レビューと仮説的貢献。
Clostridium Bacteria and Autism Spectrum Conditions: A Systematic Review and Hypothetical Contribution of Environmental Glyphosate Levels. Medical sciences (Basel, Switzerland). 2018 Apr 04;6(2); pii: E29.
③周囲の農薬への出生前および幼児の曝露と子供の自閉症スペクトラム障害:集団ベースの症例対照研究。
Prenatal and infant exposure to ambient pesticides and autism spectrum disorder in children: population based case-control study. BMJ. 2019 03 20;364;l962. doi: 10.1136/bmj.l962.
④自閉症スペクトラム障害の開発における環境要因。
Environmental factors in the development of autism spectrum disorders. Environment international. 2016 Mar;88;288-298. pii: S0160-4120(15)30125-2.
⑤アメリカ合衆国の自閉症有病率の時間的傾向と、疑わしい環境要因の傾向の比較。
A comparison of temporal trends in United States autism prevalence to trends in suspected environmental factors. Environmental health : a global access science source. 2014 Sep 05;13;73. doi: 10.1186/1476-069X-13-73.

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 2

    第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 第5回「消費されるオーガニックと、料理人の矜持」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  2. 「グリホサートを摂取すると、体内から排出されるには168時間程度、つまり一週間かかる。毎日食べると体内から消えることはない」と週刊新潮(2020年4月30日号)に記載があり、不安です。

  3. 食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、<GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解>と題した記事についての訂正要望を出しました。

  4. 第5回 食の安全とは言うけれど安全な食料とは何か?【たてきの語ろう農薬】

  5. 6. 食文化の豊かさを支える【食品添加物をめぐる重要な10項目】

  1. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  2. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 化学物質ってなーんだ? その1【農業は存じておりませんが、何か?】

  4. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 間違い!反バイオテック活動団体が流布するストーリー 資金源追跡データから明らかに!

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP