TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

「農薬1種類なら基準値以下でも、複数だと人間の生理を変えてしまうこともある。単品では発がん性がないのに、複数に暴露すると発がん性を発揮することもある。この複合毒性について、毒性試験は行われていないし、残留基準値もない」本当ですか?

食の疑問に答えます

これは正しくありません。

化学物質には、細胞の受容体に結合するための「しきい値」という濃度があります。「しきい値」は、一日あたりの摂取許容量(ADI)※1と考えられています。

しきい値以上の濃度の場合には、化学物質は細胞の受容体に結合して作用する場合があります。しかししきい値以下の濃度であれば、化学物質は細胞の受容体に結合できないので、何の作用もありません。つまりしきい値以下の濃度の化学物質を何種類か同時に摂取したとしても、それらが別の化学物質(すなわち別の受容体に結合するもの)であれば、何の作用も起きません。そのため、一日あたりの摂取許容量(ADI)に満たないもの同士では、有害作用は起こり得ません。

つまりゼロをいくつ足してもゼロにしかなりません。

※1 一日あたりの摂取許容量(ADI)は、動物試験等で得られた最も低い「無毒性量(安全とされる量)」の100分の1

詳細は農薬工業会のHPをご覧ください。
週刊新潮第5回2020年4月16日号に関する農薬工業会見解
https://www.jcpa.or.jp/news/pdf/news_200422_01.pdf

※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月16日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証1

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 農薬は誰のために?:座談会

  2. 鈴木勝士(日本獣医生命科学大学名誉教授)

  3. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. ラウンドアップ裁判では本当に“発がん性のある・なし”が争われているのですか?

  5. 毒性が低い除草剤グリホサートのしくみ【解説】

  1. 化学物質ってなーんだ? その1

  2. 間違い!反バイオテック活動団体が流布するストーリー 資金源追跡データから明らかに!

  3. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  5. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP