TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

2015年、国際がん研究機関(IARC)は発がん性リスクを5段階のうち2番目に高い危険度で示したそうですが、やはりグリホサートには発がん性がありますか。

食の疑問に答えます

国際がん研究機関(IARC)の発がん性分類は、発がん性の「根拠の強さ」を示すものであり、「発がん性の強さ」や曝露量にもとづく「リスクの大きさ」を示すものではありません。要するに、IARCは発がん性に関連する論文をもとに、注意を促す意図で分類をしているだけです。「そういう論文があるから気をつけましょう」という程度の予防措置だと理解してください。決して、グリホサートが「危険」で、「禁止すべき化学物質」だという意味ではありません。

実際、グリホサートと同分類のグループ2Aには、赤身肉、熱い飲み物、美容・理容など私たちの生活に身近な82種が含まれていますし、「ヒトで発がん性あり」のグループ1(筆者の言葉を借りれば、5段階のうち最も高い危険度)には、ハムやソーセージ等の加工肉など120種が含まれています。IARCは決してそれらを「食べてはいけない」とは主張していません。

さらに2016年には、世界保健機構(WHO)と世界農業機関(FAO)が共同で「グリホサートに発がん性はない」と発表し、IARCの見解を否定しています。IARC以外の世界の規制機関や研究機関も、「グリホサートはヒトに対して発がん性がある可能性が低い」などと結論付けています。

科学的な見地に立つべきIARCは評価にあたって「グリホサートとがんは関係がない」ことを証明した重要な論文を除外していました。これについて、米国でのラウンドアップ裁判に証人として出廷したIARC評価委員長のブレア博士は、もしこの論文を評価に取り入れていれば、「グリホサートにはおそらく発がん性がある」という評価にはならなかったと証言しています。つまり、IARCの評価が間違いであったことを裁判で認めてしまっているのです。

したがって「IARCがグリホサートをグループ2Aに分類したのだから、発がん性がある」という認識は間違っています。このように短絡的に主張する論説には注意してください。

参考


※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月23日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証2

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. リーキーガット症候群について

  2. 世界のグリホサート安全性評価

  3. アメリカでラウンドアップ訴訟の原告数が急増しているのはなぜですか?

  4. 「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

  5. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

  1. 化学物質ってなーんだ? その1

  2. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

  3. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. 世界のグリホサート安全性評価

  5. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP