TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

セラリーニ教授のラットを使った実験で、「ラウンドアップを与えた方は、腫瘍の数が2〜3倍」になったそうです。この結果はどう判断したらいいですか。

食の疑問に答えます

セラリーニ氏が発表したこの論文は、使用したラットの種類、試験に用いた動物の数、発表したデータなどが世界的に認められた標準的手法に従っていないため、『各国の登録関係機関から信頼できる結果ではない』と判断されています。そのため、当初発表された学会誌から掲載を撤回されています。注意してください。

さらに、ヨーロッパでは上記セラリーニ氏の論文により社会的な論争になったことから、セラリーニ氏の試験で生じた懸念や疑問について精査することを目的として、EUが出資し、ラット90日間摂餌試験、慢性毒性試験 (1年間)及び発がん性試験 (2年間)の試験が実施され、報告書が発表されました。こうした試験の結果、グリホサート製剤の有無にかかわらず悪影響は観察されなかったと結論付けられました。

つまりこの論文は、科学的に認められていません。またこの論文を引用した情報にも注意が必要です。

参考


週刊新潮第5回2020年4月16日号に関する農薬工業会見解
https://www.jcpa.or.jp/news/pdf/news_200422_01.pdf

※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月16日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証1

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【誤り】グリホサート残留蜂蜜に海外の消費者が拒否反応を示すリスクがある 猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  2. 子供が怒り出したり、学校の成績が下がり始めた原因とグリホサートを結び付ける記述※が週刊新潮(2020年4月30日号)にありますが、科学的にありえますか。

  3. 化学物質ってなーんだ? その2

  4. ラウンドアップ危険説に科学的根拠があるのか? – 次々登場する疑惑の科学者と弁護士 –

  5. 「(ラウンドアップは)一部の自閉症の一因となる可能性があります」「米国の疫学研究では、グリホサート暴露と自閉症発症に相関関係があると言われていますが、科学的な話なのでしょうか。

  1. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  2. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  3. 化学物質ってなーんだ? その1

  4. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  5. 世界のグリホサート安全性評価

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP