TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

ラウンドアップと抗生物質を一緒に散布すると、耐性菌だらけになると聞きました。そのような野菜を食べても大丈夫なのでしょうか?

食の疑問に答えます

大丈夫です。これは仮説の根拠となる事実がまったくない『空想』の主張です。

ラウンドアップ(主成分のグリホサート)への耐性を備えた遺伝子と、抗生物質Aへの耐性を備えた遺伝子、抗生物質Bへの耐性を備えた遺伝子は、その情報・特性がすべて異なります。そのためラウンドアップと抗生物質を一緒に散布したからといって、両方に耐性菌ができるということはあり得ません。

仮にこの主張通りであるとすれば、米国の肉牛は、飼料としてGMトウモロコシが与えられているので、牛のふんにはラウンドアップ耐性細菌が含まれているはずです。GMトウモロコシの害虫耐性遺伝子も、その細菌に入り込んで害虫に強い細菌だらけになり、さらに牛が食べている牧草の葉緑素を作っている遺伝子が、その細菌に入り、葉緑素を作る細菌だらけになります。トウモロコシのタンパク質を作る遺伝子も細菌に入って、その結果、細菌がトウモロコシのタンパク質を作るということになってしまいます。まったくあり得ない話です。

これは遺伝子学や細菌学の基本を知らないただの空想ですので、心配は無用です。もちろん除草剤ラウンドアップを使用した畑で栽培された野菜が、耐性菌に汚染されているということはありません。

※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月23日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証2

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  2. グリホサートが卵巣機能に影響する可能性は低い 最新の研究で明らかに

  3. 発がん性評価に使用したデータの質に大きな差 IARCだけが各国規制機関と見解が分かれた要因を読み解く

  4. バイエルはモンサント訴訟を解決するために和解を選択、今後は陪審員から科学者の判断へ

  5. 福本若芽(イラストレーター)

  1. 発がん性評価に使用したデータの質に大きな差 IARCだけが各国規制機関と見解が分かれた要因を読み解く

  2. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

  3. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  4. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 国際がん研究機関(IARC)が“おそらく発がん性がある”グループ2Aに分類しています。やはり安全とは言えないのではないですか?

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP