TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

ラウンドアップと抗生物質を一緒に散布すると、耐性菌だらけになると聞きました。そのような野菜を食べても大丈夫なのでしょうか?

食の疑問に答えます

大丈夫です。これは仮説の根拠となる事実がまったくない『空想』の主張です。

ラウンドアップ(主成分のグリホサート)への耐性を備えた遺伝子と、抗生物質Aへの耐性を備えた遺伝子、抗生物質Bへの耐性を備えた遺伝子は、その情報・特性がすべて異なります。そのためラウンドアップと抗生物質を一緒に散布したからといって、両方に耐性菌ができるということはあり得ません。

仮にこの主張通りであるとすれば、米国の肉牛は、飼料としてGMトウモロコシが与えられているので、牛のふんにはラウンドアップ耐性細菌が含まれているはずです。GMトウモロコシの害虫耐性遺伝子も、その細菌に入り込んで害虫に強い細菌だらけになり、さらに牛が食べている牧草の葉緑素を作っている遺伝子が、その細菌に入り、葉緑素を作る細菌だらけになります。トウモロコシのタンパク質を作る遺伝子も細菌に入って、その結果、細菌がトウモロコシのタンパク質を作るということになってしまいます。まったくあり得ない話です。

これは遺伝子学や細菌学の基本を知らないただの空想ですので、心配は無用です。もちろん除草剤ラウンドアップを使用した畑で栽培された野菜が、耐性菌に汚染されているということはありません。

※(5月27日追加)週刊新潮ファクトチェックより抜粋(元記事がついておりませんでした。大変分かりにくくて申し訳ございません)

『週刊新潮』(2020年4月23日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証2

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. グリホサートやその代謝物であるAMPAは土壌微生物によって分解されにくいので、土壌汚染が進んでいるんですよね?

  2. 経営論で語るIPM − リスク管理は企業文化形成の手段

  3. トンデモ農業論の裏を見た:3杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. コラム2 農薬の一生【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. 種苗法トンデモ体験記:2杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  1. 世界のグリホサート安全性評価

  2. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP