TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

青山博昭(一般財団法人残留農薬研究所業務執行理事・毒性部長)

執筆者

農学博士。1954年7月16日生。

1978年、名古屋大学農学部畜産学科卒業(家畜育種学専攻)。同年、(財)残留農薬研究所勤務(毒性部第二研究室)

1993年、博士(農学、名古屋大学大学院)。1994年、日本先天異常学会奨励賞受賞。同年8月~1997年3月まで、米国留学National Institute of Environmental Health Sciences、(NIEHS), Laboratory of Experimental Pathology。

帰国後、(財)残留農薬研究所毒性部生殖毒性研究室主任(1997年4月〜1999年3月)、同毒性第一部生殖毒性研究室長(1999年4月〜2004年3月)を歴任。2004年4月からは、毒性部副部長を兼任する。2008年4月、毒性部長、2012年4月には(一財)残留農薬研究所業務執行理事(兼毒性部長)に就任。

(一財)残留農薬研究所毒性部長として、哺乳動物の内分泌機能、生殖および発生に関する基礎的研究と、これらに及ぼす化学物質の影響評価に従事している。

【所属学会】
日本先天異常学会(理事)
日本トキシコロジー学会(評議員)
日本農薬学会(評議員)

【委員等】
内閣府:食品安全委員会動物用医薬品専門調査会座長
環境省:中央環境審議会大気・騒音振動部会健康リスク総合専門委員会委員(終了)
東京農工大学:農学部共同獣医学科非常勤講師(終了)

【資格】
日本先天異常学会認定生殖発生毒性専門家(第43号,2001年4月1日認定)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  2. 2

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 3

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  4. 4

    「日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ」さらにその数値も他の農薬や他国と比べて高く、農薬に汚染された水を飲んでいるという記述※が『週刊新潮(2020年4月23日号)にあります。水道水は飲んではいけないということですか。

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP