TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

青山博昭(一般財団法人残留農薬研究所業務執行理事・毒性部長)

執筆者

農学博士。1954年7月16日生。
1978年、名古屋大学農学部畜産学科卒業(家畜育種学専攻)。同年、(財)残留農薬研究所勤務(毒性部第二研究室)。1993年、博士(農学、名古屋大学大学院)。1994年、日本先天異常学会奨励賞受賞。同年8月~1997年3月まで、米国留学National Institute of Environmental Health Sciences、(NIEHS), Laboratory of Experimental Pathology。
帰国後、(財)残留農薬研究所毒性部生殖毒性研究室主任(1997年4月〜1999年3月)、同毒性第一部生殖毒性研究室長(1999年4月〜2004年3月)を歴任。2004年4月からは、毒性部副部長を兼任する。
2008年4月、毒性部長、2012年4月には(一財)残留農薬研究所業務執行理事(兼毒性部長)に就任。
(一財)残留農薬研究所毒性部長として、哺乳動物の内分泌機能、生殖および発生に関する基礎的研究と、これらに及ぼす化学物質の影響評価に従事している

【所属学会】
日本先天異常学会(理事)
日本トキシコロジー学会(評議員)
日本農薬学会(評議員)
【委員等】
内閣府:食品安全委員会動物用医薬品専門調査会座長
環境省:中央環境審議会大気・騒音振動部会健康リスク総合専門委員会委員(終了)
東京農工大学:農学部共同獣医学科非常勤講師(終了)
【資格】
日本先天異常学会認定生殖発生毒性専門家(第43号,2001年4月1日認定)

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 2

    第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「グリホサートはこれ(グリシン受容体)に結合して神経障害を引き起こす可能性がある」「発達障害を引き起こす可能性がある」と言われていますが、科学的な根拠はあるのでしょうか。

  2. 「グリホサートを摂取すると、体内から排出されるには168時間程度、つまり一週間かかる。毎日食べると体内から消えることはない」と週刊新潮(2020年4月30日号)に記載があり、不安です。

  3. 2. 情報の信頼性の見極め方【科学的な情報の読み方と伝え方】

  4. コラム3 トキが絶滅危惧種になったのは?【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. 環境団体のプロパガンダに騙されるな! 有機使用農薬の誤解を解いて使いこなす方法とは

  1. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  2. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 農薬に関するデマで打線組んでみた!【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP