TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

丸山 純一(新潟食料農業大学 食料産業学部食料産業学科フードコース長 教授)

執筆者

1957年生まれ(63歳)
1985年東京大学大学院農学系研究科水産学専攻博士課程修了(農学博士)
同年株式会社ニチレイ入社、総合研究所配属(1987~89年マサチューセッツ工科大付設ホワイトヘッド生物医学研究所客員研究員)
本社経営企画部、技術開発センター分析グループリーダーを経て、品質保証部食品安全センター所長、中国山東省煙台市錦築(煙台)食品研究開発有限公司総経理
2010年より一般財団法人食品産業センターへ出向、主に中小零細食品企業へのHACCP導入を支援するPJを担当。新潟食料農業大学設立準備委員会および作業部会委員(フードコース担当)となり、大学の基本理念、組織体制、カリキュラム等の作成に携わった。
2018年開学とともに現職となり、食品安全分野を担当。授業は学生が就活に役立つ資格の取得につながる内容となることにも心掛けており、昨年度は日本食品保蔵科学会HACCP管理者認定資格を3年生46名が取得したほか、食品安全検定試験(初級および中級)にも10数名が合格した。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    化学肥料に関するデマで打線組んでみた! 【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. 2

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  3. 3

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 4

    医療トンデモの入口は農業トンデモ!? トンデモ情報を発信する人の真の目的は?

  5. 5

    トンデモハンターアベンジャーズ計画:13杯目【渕上桂樹の“農家BAR Naya”カウンタートーク】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 国際がん研究機関(IARC)の判断に対して世界中の科学者から批判が出ていると聞きましたが、何が問題とされているのですか?

  2. 第9回「地元産か有機か」のジレンマ【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 徳本修一(トゥリーアンドノーフ株式会社代表取締役)

  4. フランスがグリホサートの使用禁止措置を断念

  5. コラム4 除草剤と除草剤耐性作物【農薬をめぐる重要な10項目】

  1. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

  2. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  3. 【誤り】検証内容「グリホサートの影響を減らすには食事を有機に切り替えることが最も確実な方法だ」猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  4. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 農薬に関するデマで打線組んでみた〈パート2〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP