TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

小島正美(「食品安全情報ネットワーク」共同代表)

執筆者

1951年、愛知県犬山市生まれ。愛知県立大学卒業後に毎日新聞社入社。

松本支局などを経て、東京本社生活報道部に配属。生活報道部編集委員として食の安全、環境問題、健康・医療問題を担当。2018年6月に退職。

2000年から東京理科大学非常勤講師。2015年4月~21年3月まで「食生活ジャーナリストの会」代表。

現在はメディアチェック集団「食品安全情報ネットワーク」共同代表。主な著書に「メディア・バイアスの正体を明かす」「誤解だらけの遺伝子組み換え作物」「みんなで考えるトリチウム水問題~風評と誤解への解決策」など多数。趣味は「連凧」揚げ。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 現場発! 有機栽培25%を達成するために。現場発の逆転の奇策【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. アメリカでは食品中の残留農薬の関心が高く、グリホサートがいくつかの作物で検出される可能性があると警告しており、日本の農水省の姿勢とは異なると聞きました(※)。大丈夫でしょうか?

  3. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  4. 根拠あやしき「グリホサート情報」を流し続けるマムズ・アクロス・アメリカの正体

  5. 25年以上前にラウンドアップを使った人は、がんになる可能性があるのでしょうか?

  1. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

  2. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

  3. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

  4. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 食品の安全性確保とは何か

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP