TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

バイエルが米家庭用除草剤の有効成分変更を発表 代替製剤化の背景と米国除草剤市場への影響

ニュース

グリホサート(ラウンドアップ系除草剤の有効成分)は世界の規制機関が科学的なリスク評価を行い、安全性を確認したうえで承認している農薬である。しかし、製造元のバイエルは2021年7月29日、2023年までに米国の家庭用向けラウンドアップ系除草剤の有効成分をグリホサートから代替製剤に変更予定であると発表した。

有効成分の変更は安全上の懸念ではない

今回のバイエルの発表により、「ラウンドアップ」ブランドで販売されている米家庭用除草剤は、有効成分を変更して販売されることになる

何十年もの間(編集部註:1974年に米国でモンサント社が発売)、グリホサートベースの除草剤は、急性および慢性毒性が非常に低く、安全であると考えられていたにもかかわらず、グリホサート系除草剤「ラウンドアップ」訴訟では、10万人以上の原告による大規模な訴訟が募集された。また、陪審員の判断は、科学的コンセンサスや国際的な規制当局(国際的に認められた20の独立機関がグリホサートの安全性を検証している)の結論に反していた

過去の訴訟当事者との和解案で、除草剤とがん(特に非ホジキンリンパ腫)との間に因果関係はないという見解を原告が受け入れたことが明記されており、企業は和解金を支払うことで訴訟を終わらせた。しかし、このような動きはグリホサートベースの除草剤によりがんになったと将来主張するかもしれない消費者からのクレームも想定しておく必要がある。バイエル社によると、その一部を回避するために、安全上の懸念によるものではなく、「訴訟リスクの管理」のために今回の判断がなされた

ラウンドアップ裁判Q&Aはこちら

農家向けグリホサート除草剤の販売は継続

ときに反バイオテクノロジー活動の中には、真の目的は、生産者を助けることでも、環境を守ることでもなく、すでになくなった企業(モンサント)の残骸を罰するためである場合がある。

バイエルが消費者向け除草剤の有効成分を変更しても、根本的な科学は変わらない。雑草を安全に防除し、作物の収穫量を向上させる技術は、経済と環境の持続可能性のために必要なツールである。使用したい製品の入手が制限されると、持続可能性や効果の低い選択を迫られることになる。科学に基づかない反対は、実際には、ただ消費者や生産者の選択を奪うだけだ

バイエルは米農家向け業務用除草剤の有効成分は今後もグリホサートのまま販売するため、生産者は現行仕様のラウンドアップ製品を今後も継続使用できる

発がん性がないのにあると言われている理由

そもそも、なぜグリホサートは、発がん性のリスクが低いにもかかわらず、発がん性があると言われているのだろうか。

米国のラウンドアップ裁判で敗訴したから発がん性があるとの主張もあるが、ある化学物質ががんを引き起こすかどうかは、陪審員や裁判官が決めることではない。このような判断は、動物実験、疫学的な評価、化学物質とがんを結びつける正確な分子メカニズムの慎重な特定などを総合して行われる。グリホサートは、1974年に米国環境保護庁に登録されて以来、何十もの国際的な規制機関や独立した学術科学者(およびグリホサートを販売する無数の企業)によって慎重に精査されてきた。

グリホサート評価サマリー表

グリホサートは、新しいデータを分析に加えるために、定期的に再評価されてきた。世界中のすべての研究を透明かつ厳密に独立して再評価した結果、現在、世界のどの農薬規制当局も、人間が現在さらされている曝露量では、グリホサートが人にがんのリスクを及ぼすとは考えていない

規制当局と異なる評価は2015年、国際がん研究機関(IARC)が、グリホサートをおそらく発がん性がある(グループ2A)に分類したことのみだ。このIARC評価の根拠となるのは、多数のin vitro研究、疑わしい動物実験、およびIARCによって選別された疫学データだが、実際のヒトへのリスク、つまり実際に使用された場合の曝露量に基づいていないため、大きな議論を呼んでいる。

関連記事

原文

‘War on glyphosate’ and the unintended negative environmental consequences of the demonization of a safe and effective herbicide and its removal from the garden market
https://geneticliteracyproject.org/2021/08/10/war-on-glyphosate-and-the-unintended-negative-environmental-consequences-of-the-demonization-of-a-safe-and-effective-herbicide-and-its-removal-from-the-garden-market/

Facing 30,000 unresolved cancer claims, Bayer plans to pull glyphosate from US lawn and garden market by 2023
https://geneticliteracyproject.org/2021/08/03/facing-30000-unresolved-cancer-claims-bayer-plans-to-pull-glyphosate-from-us-lawn-and-garden-market-by-2023/

「『グリホサートとの戦い』と安全で効果的な除草剤の悪魔化と家庭用市場からの除去の意図しない負の環境への影響( Kevin Folt 2021年8月10日公開) 」を翻訳・編集した。
「30,000件の未解決のがん訴訟に直面し、バイエルは2023年までに米国の芝生と庭の市場からのグリホサート排除を計画しています(Jef Feeley, Tim Loh 2021年8月3日公開) 」を翻訳・編集した。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  3. 3

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. なぜ農薬は医療品と比べて必要な試験が少ないのですか?この試験で、子どもやお年寄りなどに影響がないと言えるのですか?

  2. 「ラウンドアップの(残留)基準値をさらに大きく(小麦は6倍、ソバは150倍など)している」とありますが、規制緩和して大丈夫でしょうか。

  3. ラウンドアップ裁判では本当に“発がん性のある・なし”が争われているのですか?

  4. 3. 食品添加物がないと食中毒のリスクが高まる【食品添加物をめぐる重要な10項目】

  5. 「有機農業と慣行農業、どっちがいいの!?」【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  1. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  2. 世界のグリホサート安全性評価

  3. 何年経ってから障害が…“農薬大国”日本の現実「見えない毒性」から身を守るためには? 「奥野修司/文春オンライン/2021年3月12日公開」をチェック!

  4. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP