TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

食と農のウワサ

農薬の成分について有効性・安全性を審査する各国・地域(EU)の規制・科学機関の公式発表をもとに、グリホサートについて承認・農薬登録の確認がとれた国名を一覧にまとめた。 世界のグリホサート承認国一覧:AGRI FACT調べ(2021 年10月現在)(※現在調査中)

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

※ルクセンブルク削除(2021年11月)
ただし、ルクセンブルクの禁止措置は欧州の法律に反しているため、ブリュッセルから異議を申し立てられる可能性がある。

参照

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 米国のラウンドアップ裁判でも、カリフォルニア州の裁判所が発がん性を認めたのではないですか?

  2. 「有機・無農薬」を超えて─ 農産物の「安心」を伝えるために -Part2-:農薬メーカー座談会(後編)(1/2)

  3. 本当なのか!? 「世田谷区の学校給食を有機無農薬食材にする会」の要望内容を検証

  4. 【誤り】検証内容「グリホサートの影響を減らすには食事を有機に切り替えることが最も確実な方法だ」猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  5. 種子法のどこが時代遅れになったのか?

  1. 発がん性評価に使用したデータの質に大きな差 IARCだけが各国規制機関と見解が分かれた要因を読み解く

  2. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  3. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 韓国における有機農産物と学校給食の実態

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP