TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

食と農のウワサ

農薬の成分について有効性・安全性を審査する各国・地域(EU)の規制・科学機関の公式発表をもとに、グリホサートについて承認・農薬登録の確認がとれた国名を一覧にまとめた。 世界のグリホサート承認国一覧:AGRI FACT調べ(2021 年10月現在)(※現在調査中)

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

※ルクセンブルク削除(2021年11月)
ただし、ルクセンブルクの禁止措置は欧州の法律に反しているため、ブリュッセルから異議を申し立てられる可能性がある。

参照

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  2. 2

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 3

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  4. 4

    「日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ」さらにその数値も他の農薬や他国と比べて高く、農薬に汚染された水を飲んでいるという記述※が『週刊新潮(2020年4月23日号)にあります。水道水は飲んではいけないということですか。

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP