TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

食と農のウワサ

2019年10月21日(月)に、株式会社農業技術通信社/食品安全情報ネットワーク主催の緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える」が、TKP東京駅日本橋カンファレンスで開催された。


テーマ

「農薬の安全性とラウンドアップの風評被害」
―科学を無視した世界規模の風評発生メカニズムを解く―

ダイジェスト動画

全編動画

プログラム

「主催者あいさつ」

昆吉則氏(株式会社農業技術通信社代表取締役兼『農業経営者』編集長)
小島正美氏(食品安全情報ネットワーク代表、食生活ジャーナリストの会代表、元毎日新聞社編集員)

本セミナーの問題提起

浅川芳裕氏(農業ジャーナリスト、農業技術通信社顧問)

【講演1】「農薬の安全性はどのように確かめられているか」

青山博昭氏(一般社団法人残留農薬研究所業務執行理事・毒性部長)

農薬の安全性はどのように確かめられているか ー 青山博昭氏(一般社団法人残留農薬研究所業務執行理事・毒性部長) |緊急セミナー『ラウンドアップ問題を考える』より抜粋

残留農薬研究所は、農薬が登録される前に、ありとあらゆる副作用などを見つけ出し、その上で、曝露評価と合わせて、リスク評価をするためのデータを採取する。これを必要に応じて、食品安全委員会に提供し、論文として世間に公表する。ここでは、ラウンドアップの風評被害について議論する前に、農薬の安全性はどのように確かめられているかについて、青山博昭氏が解説した。


【講演2】「科学を無視した世界規模の風評発生メカニズムを解く」

唐木英明氏(公益財団法人食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授)

科学を無視した世界規模の風評発生メカニズムを解く ー 唐木英明氏(公益財団法人食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授)|緊急セミナー『ラウンドアップ問題を考える』より抜粋

ラウンドアップは1974年に発売以降1996年までの20年以上、安全性についての問題提起がなされることはなかった。しかし近年、アメリカではがんとの関連性をめぐる訴訟が続き、日本国内ではラウンドアップの風評がネットメディアやSNSで加速している。唐木氏は、この状況の背景を読み解き、科学的な視点で解説した。

【パネルディスカッション】「ラウンドアップ風評問題の構造理解」

登壇者:青山博昭氏、唐木英明氏、水木たける氏(「あっぷるりんご園」代表)、浅川芳裕
コーディネーター:小島正美氏

ラウンドアップ裁判の背景と訴訟ビジネス ー 浅川芳裕氏(農業ジャーナリスト、農業技術通信社顧問)|緊急セミナー『ラウンドアップ問題を考える』より抜粋

生産現場からの報告 無農薬りんごの危険性 ー 水木たける氏(「あっぷるりんご園」代表)|緊急セミナー『ラウンドアップ問題を考える』より抜粋

ラウンドアップ風評問題の構造はどのようなものなのか。
農薬の専門家と農業の経営者が一堂に会し、「毒性学」「リスク分析学(規制科学)」の科学的な視点からの解説に加え、ラウンドアップ裁判に対するアメリカ農業界の反応と対応、日本の「農業現場」の視点からラウンドアップ問題について熱い議論が交わされた。


関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「グリホサートはごく少量でも健康被害をもたらすという動物実験の結果があるなら、やはり避けた方が賢明だ」と言われますが、微量でも影響がありますか。

  2. 鈴木勝士(日本獣医生命科学大学名誉教授)

  3. ラウンドアップ類似製品に使われている界面活性剤は危険だということでしょうか?

  4. 慣行栽培批判はやめて! わら1本の革命が現代では起きない理由4つ【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. GM反対派と農薬反対派が手を組みラウンドアップ攻撃を開始 – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.1)

  1. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  2. サクッと農薬取締法【農業は存じておりませんが、何か?】

  3. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

  4. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

  5. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP