TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

種子法を廃止してどのような仕組みを作ろうとしているのか?

食の疑問に答えます

A 大きな目的は、農業の競争力を強めるために稲・麦・大豆の種子生産に民間企業の参入を促し、種子の供給体制を広げることです。そのために農業競争力強化支援法のなかに「国や都道府県が持つ知見を民間事業者に提供する」という趣旨が盛り込まれました。同時に、都道府県がこれまで通り種子を生産できるように、別の法律である「種苗法」を改正して予算措置を続けることにしました。

※本論説は朝日新聞DIGITAL「論座」に2018年8月20日付で掲載されたものを転載(一部再編集)

回答者

唐木英明(公益財団法人食の安全・安心財団理事長・東京大学名誉教授)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 第2回 安全性は必要性を考える上でのひとつのファクターに過ぎない【たてきの語ろう農薬】

  2. 世界の流れはグリホサート禁止ではない EU加盟国とメキシコの動き

  3. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  4. コラム4 除草剤と除草剤耐性作物【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. アメリカでラウンドアップ訴訟の原告数が急増しているのはなぜですか?

  1. 食品の安全性確保とは何か

  2. 何年経ってから障害が…“農薬大国”日本の現実「見えない毒性」から身を守るためには? 「奥野修司/文春オンライン/2021年3月12日公開」をチェック!

  3. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

  4. 【誤り】検証内容「グリホサートの影響を減らすには食事を有機に切り替えることが最も確実な方法だ」猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  5. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP