TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い AGRI FACTとは

長期特集 IARCに食の安全を委ねてはいけない

特集

IARC(国際がん研究機関)は1965年、WHOの外部組織として人への化学物質の発がん性分類(ハザードの同定)と、個々の化学物質のモノグラフ(専門書)を作るために設立された。現在は化学物質の混合物やウイルスなど、あらゆるモノを評価する組織へと変貌し、新たな評価を発表しては科学界で物議をかもしている。IARC独自の格付け分類が食の安全を預かる世界の研究・規制機関から否定されるのはなぜか。アグリファクトはこれまでも疑惑満載の組織IARCを検証してきたが、今回は長期シリーズの特集として歴史的経緯まで遡って深掘りしていく。

第1回 改革か廃止か 時代遅れのIARC同定スキーム

第2回 評価プロセスを検証できないIARCは裸の王様だ

第3回 なぜIARCの評価だけが世界の規制機関と異なるのか

第4回前編 IARC分類はがん予防にも社会にも役立たない【IARCに食の安全を委ねてはいけない】

第4回中編 IARC分類はがん予防にも社会にも役立たない【IARCに食の安全を委ねてはいけない】

第4回後編 IARC分類はがん予防にも社会にも役立たない【IARCに食の安全を委ねてはいけない】

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    第29回 オーガニックカルトを社会課題化する(前編)【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  2. 2

    「学校給食を有機に!」という議員さんに質問してみた:29杯目【渕上桂樹の“農家BAR Naya”カウンタートーク】

  3. 3

    Vol.10 昆虫食陰謀論【不思議食品・観察記】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.8)

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP