TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

1.育種の歴史は人類の歴史 – 人は生きるために植物の遺伝子の変異を利用してきた【私たちのそして世界の食生活を支える育種技術】

食の疑問に答えます

“植物” から “作物” へ

トマトの野生種

トマトの野生種

果実は1cm程度(玉川大学 農学部生物資源学科 田淵 俊人教授提供)

野菜の祖先は…
・小さい
・美味しくない
・毒がある
・すぐに実が落ちる
・いっせいに芽が出ない

現在のトマト

現在のトマト

(玉川大学 農学部生物資源学科 田淵 俊人教授提供)

野菜は…
・大きい
・美味しい
・毒を気にせず食べられる
・すぐに実が落ちない
・いっせいに芽が出る

同じ野菜でも多くの品種=多様性がある

トマトの“多様性”

形、味、香り、調理方法、 栽培地域、時期、流通しやすさなど、 消費者・生産者のニーズに合わせて 多くの品種が作られてきた。

マイクロトマト

長い歴史を経て、今ある野菜が作られてきた

長い歴史を経て、今ある野菜が作られてきた

美味しいおコメの代表コシヒカリができるまでの歴史

コシヒカリができるまでの歴史

(注)品種名の下の括弧書きは、育成地。写真は農研機構作物研究所 竹内義信氏、安東郁男氏提供

遺伝子を書き換える?

遺伝子は生命の設計図のようなもの。
私たち生物は数万の設計図を元に、身体が作られ、 体内で様々な反応が起きて、生命を維持しています。

その設計図の一部を少し書き換えることで、

形や色などの外見
病気や害虫への抵抗性
含まれる成分 など

性質が変わることがあります。

これが自然現象として起こっているのです。

DNAの模式図

突然変異を利用した育種

突然変異で起こる遺伝子の書き換わりの例

例:イネの籾の落ちやすさ(脱粒性)

イネの比較

写真:タキイ種苗株式会社より

イネのDNAの一部分の配列

ジャポニカ型
ATTTCA

インディカ型
ATTGCA

この1文字だけで、粒が落ちやすい/落ちにくいの違いがでる。

例:受粉しなくても実がなるナス (単為結果)

ナスの比較

写真:タキイ種苗株式会社より

植物ホルモンの合成に関係する遺伝子の一部 (約4,600文字分)が無くなると、 受粉しなくても実が大きくなるようになる。

出典:くらしとバイオプラザ21(一部再編集)

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 2

    第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 4

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 5

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 風評被害にどう対応するか【対談】

  2. 「(ラウンドアップは)一部の自閉症の一因となる可能性があります」「米国の疫学研究では、グリホサート暴露と自閉症発症に相関関係があると言われていますが、科学的な話なのでしょうか。

  3. 「有機・無農薬」を超えて─ 農産物の「安心」を伝えるために -Part2-:農薬メーカー座談会(後編)(2/2)

  4. 旅する蝶オオカバマダラ激減の原因はグリホサートだけではない【解説】

  5. 食品の安全性確保とは何か

  1. トンデモ講演会潜入記:4杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 第1回「人を傷つけないオーガニック」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 世界のグリホサート安全性評価

  4. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  5. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP