TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

【誤り】検証内容「グリホサート(ラウンドアップの主成分)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」山田正彦氏(元農水大臣)

食と農のウワサ

「グリホサート(ラウンドアップの主成分)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」 山田正彦氏(元農水大臣)

AGRI FACTによるファクトチェック結果

科学的根拠なし

【その理由は?】

グリホサートの親・子・孫3世代への影響を調べる繁殖試験の結果、繁殖能力に影響はなく、毒性所見の発現もなかったため。

AGRI FACTのファクトチェック【対象と選択基準】
AGRI FACTのファクトチェック【評価基準と判定】


以上の要旨はAGRI FACT事務局が作成したものです。
詳細は以下でご確認ください。

農業にまつわる噂・ニュースの真偽検証サイト AGRI FACT(アグリファクト)は、2019年11月30日、「グリホサート(ラウンドアップの主成分)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」山田正彦氏(元農水大臣)との記述についてファクトチェックを行い、「科学的根拠なし」とする調査結果を発表した。

ファクトチェックした記述内容

「グリホサート(ラウンドアップの主成分)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」

記述内容の原文(検証対象は太字部分)と出典

グリホサートはラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅されるそうで、 許容される値はないそうです。
出典:山田正彦氏(元農水大臣)のブログ(2019年06月20日)
https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12483540404.html

ファクトチェックの検証結果

食品の安全を守るために設置された国の専門機関である食品安全委員会は、食品中の化学物質の安全性を検証するため、妊娠中の母動物に化学物質を与えて、胎児に何らかの形態的異常が出ないか調べている。もし異常が確認されれば、その化学物質を農薬として使用することは禁止される。
そうした試験を「繁殖毒性試験」とよび、ラットやマウスなどに化学物質を一定期間投与した後で交配し、親動物の繁殖能力と児動物の発育状況を検査する一世代繁殖試験、さらに投与を継続して孫世代の動物の発育状況まで調べる二世代繁殖試験により、化学物質の作用が調べられる。二世代繁殖試験では、子世代の動物が孫世代の動物を支障なく出産し、児動物が正常に育つことを確認するので、3世代にわたる影響を調べることになる。3世代を経ても繁殖毒性が発現しなければ、それ以上世代を繰り返して試験を継続しても悪影響が現れることは理論的にはあり得ず、これは実験上も確認されている。
食品安全委員会の「グリホサート評価書」によれば、ラットを使用した2世代と3世代の繁殖試験をした結果、30000ppmという高濃度では体重増加の抑制が認められたが、親・子世代の繁殖能力に影響はなく、3世代で毒性所見の発現も認められていない。
また、孫世代に異常が出るのは化学物質により遺伝子に異常が起きた場合だが、グリホサートにはそのような作用がないことが複数の遺伝子毒性試験により証明されている。そのような試験結果からグリホサートの安全性が認められ、世界各国において農薬として利用することが許可されている。
このような事実から、「グリホサート(ラウンドアップの主成分)はラットの実験で2代3代と、代を重ねるごとに異常が増幅される」という記述は「科学的根拠なし」(評価基準と判定)と判断される。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  3. 3

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 徳本修一(トゥリーアンドノーフ株式会社代表取締役)

  2. 経営論で語るIPM−IPMの幅を広げる生物資材その開発と普及

  3. 昆吉則(株式会社農業技術通信社代表取締役 兼 『農業経営者』編集長)

  4. 農業は科学:1杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 「農薬1種類なら基準値以下でも、複数だと人間の生理を変えてしまうこともある。単品では発がん性がないのに、複数に暴露すると発がん性を発揮することもある。この複合毒性について、毒性試験は行われていないし、残留基準値もない」本当ですか?

  1. 農薬に関するデマで打線組んでみた〈パート2〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. 食品の安全性確保とは何か

  3. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  5. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP