TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

食と農のウワサ

「豚のへその緒に(グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」 山田正彦氏(元農水大臣)

AGRI FACTによるファクトチェック結果

科学的根拠なし

その理由は?

グリホサートがへその緒に蓄積するという科学的根拠がないため。

AGRI FACTのファクトチェック【対象と選択基準】
AGRI FACTのファクトチェック【評価基準と判定】


以上の要旨はAGRI FACT事務局が作成したものです。
詳細は以下でご確認ください。

農業にまつわる噂・ニュースの真偽検証サイト AGRI FACT(アグリファクト)は、2019年11月30日、「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」(山田正彦氏(元農水大臣)との記述についてファクトチェックを行い、「科学的根拠なし」とする調査結果を発表した。

ファクトチェックした記述内容

「豚のへその緒に(グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」

記述内容の原文(検証対象は太字部分)と出典

たとえば17(2017)年にはジフテリア、インフルエンザ、B型肝炎、肺炎球菌、はしか・おたふく風邪・風疹の新三種混合の5つのワクチンからもグリホサート(ラウンドアップの主成分)が検出されたことを公表。ワクチンを接種する対象となる、小さな子どもたちをもつ母親たちを中心に衝撃を与えた。
ワクチンには効能を安定させるためのゼラチンが含まれていて、ゼラチンは豚のへその緒から精製される。しかし、豚の餌として遺伝子組み換えトウモロコシが使われていたことで、へその緒にグリホサート(ラウンドアップの主成分)が蓄積するに至ったことを、マムズ・アクロス・アメリカが検査を依頼したミズーリ州セントルイスの研究機関が突き止めた。
豚のへその緒に蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない。
出典:山田正彦『売り渡される食の安全』(角川新書、2019)171頁

ファクトチェックの検証結果

「ワクチンからグリホサートが見つかった」との記述は科学的根拠が不明で、さらなる検証が必要

マムズ・アクロス・アメリカ(遺伝子組み換え作物に反対する母親の会、ゼン・ハニーカット代表)は、ワクチンにppb(10億分の1)レベルという微量のグリホサートが混入していると発表した(※1)。しかし、同時に、それほど微量な量を測定することは困難であり、測定結果が必ずしも正確ではないことを示唆している。その後、この発表と同様の内容の論文(※2)が発表されたが、これについてはモンサント社の専門家が方法論に問題があると批判したことを英国のファクトチェック組織が紹介しており、本当に微量のグリホサートがワクチンに混入しているのかに関してはさらなる検証が必要である。

「豚のへその緒にグリホサートが蓄積するに至った」との論文はなく、推測に過ぎない

「豚の餌として遺伝子組み換えトウモロコシが使われていたことで、へその緒にグリホサート(ラウンドアップの主成分)が蓄積するに至ったことを、マムズ・アクロス・アメリカが検査を依頼したミズーリ州セントルイスの研究機関が突き止めた」という記述については、文献検索により、そのような科学論文は見つからなかった。マムズ・アクロス・アメリカの報告書1によれば、この記述は「Dr. Stephanie Seneffの推測」として紹介され、そこには「豚のへその緒(umbilical cord)」ではなく「牛のじん帯(ligaments)」と書いてある。他方、報告書1の翌日の2016.9.6付の報告書2には、同じく「Dr. Stephanie Seneffの推測」として「豚のへその緒」ではなく「豚のじん帯」と書いてあり、牛と豚のどちらが正しいか判断できないがいずれも「じん帯」であり、「へその緒」という記述はない。さらに、「ミズーリ州セントルイスの研究機関が突き止めた」という記述はどちらにも見当たらない。

グリホサートが体内に蓄積する可能性はない

食品中の化学物質の安全性を検証する国の専門機関である食品安全委員会の「グリホサート評価書」によれば、ラットにグリホサートを摂取させるとそのほとんどが速やかに糞中に排泄され、投与168時間後には残留していないことから、グリホサートが体内に蓄積する可能性はないとしている。
また、遺伝子組換えトウモロコシに残留しているグリホサートは微量であり、これを食べた豚の組織に、妊婦や胎児の健康に影響を与えるような大量のグリホサートが残留することはあり得ない。ちなみに30000ppmという高濃度のグリホサートをラットに与えても、その影響は体重増加の抑制だけであることが実験的に証明されている。
このように、「豚のへその緒に蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」という記述は、豚のへその緒にグリホサートが蓄積するという科学的な事実はないことから、「科学的根拠なし」(評価基準と判定)と判断される。

※1:マムズ・アクロス・アメリカの報告書
報告書1. Glyphosate in Vaccines Report 2016.9.5
https://d3n8a8pro7vhmx.cloudfront.net/yesmaam/pages/1707/attachments/original/1473130173/FullGlyphosateinVaccinesReport_(6).pdf?1473130173
報告書2. Glyphosate Found in Childhood Vaccines 2016.9.6
https://www.momsacrossamerica.com/glyphosate_found_in_childhood_vaccines
※2:論文
Glyphosate pathways to modern diseases VI: Prions, amyloidoses and autoimmune neurological diseases. Anthony Samsel and Stephanie Seneff. Journal of Biological Physics and Chemistry 17 (2017) 8–32 doi: 10.4024/25SA16A.jbpc.17.01
https://www.researchgate.net/publication/316601847_Glyphosate_pathways_to_modern_diseases_VI_Prions_amyloidoses_and_autoimmune_neurological_diseases

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  3. 3

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. グリホサートの安全性に関する所感【解説】

  2. 「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

  3. バイエルはモンサント訴訟を解決するために和解を選択、今後は陪審員から科学者の判断へ

  4. コラム3 トキが絶滅危惧種になったのは?【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. 6. 作物に対する安全性が評価される【農薬をめぐる重要な10項目】

  1. 食品の安全性確保とは何か

  2. 韓国における有機農産物と学校給食の実態

  3. 農薬に関するデマで打線組んでみた〈パート2〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. 発がん性評価に使用したデータの質に大きな差 IARCだけが各国規制機関と見解が分かれた要因を読み解く

  5. 世界のグリホサート安全性評価

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP