TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

無農薬でアレルギー増加ってホント?

食と農のウワサ

無農薬栽培で収穫されたリンゴと、慣行栽培で収穫されたリンゴでは、無農薬栽培の方がある種のアレルギーを誘発する物質(アレルゲン)が多かった――この発表は3月に行われた日本農芸化学会で、京都大学大学院農学研究科の森山氏により行われました。果たしてどういう意味があるのでしょうか。
web版『農業経営者』2005年5月1日 Opinionから転載(一部再編集)。本文中の役職や肩書き等は2005年5月現在のものです。


果物を食べてアレルギーというのは「口腔アレルギー症候群」と呼ばれるもので、それほどマイナーなものではありません。原因となる果物は様々で、リンゴやモモなどバラ科が特に多く報告されています。身近なアレルギー症としては花粉症がありますが、花粉症の人は、口腔アレルギー症であるの割合が高いと一般的に言われています。「北海道鼻アレルギー情報センター」の山本医師の調査によれば、北海道でシラカバ花粉症の人の16%が口腔アレルギーの可能性があり、花粉症でない人では2%程度との調査があります。

花粉症も口腔アレルギー症も、その原因となるアレルゲンは植物に含まれるタンパク質。タンパク質はアミノ酸と呼ばれる成分が多数つながったもので無数に種類があり、ある種のものはアレルゲンになりうるのです。そして、たまたまシラカバの花粉とリンゴやモモに似た種類のタンパク質が含まれていて、共通のアレルギーを引き起こすのではないかと考えられています。花粉症の症状が強い人ほど果物アレルギーの割合が高いというデータもあり、ますます共通点があると考えられます。

では、無農薬で栽培されたリンゴを食べると花粉症や口腔アレルギーが悪化するのか? そして花粉症で悩んでいる人は無農薬リンゴを食べない方が良いのでしょうか? 無農薬の方がアレルゲンが多かったわけですから、アレルギーを誘発する可能性は高い、つまりリスクが高いと言うことはできるでしょう。ただ、そのリスクの大小が、我々にとって差があるほどのものなのかどうかは、今後の研究の発展を待たねばなりません。実際には無農薬栽培のリンゴやモモは世の中にほとんど出回っていませんから、世間に現実的な問題が起こるとは考えにくい状況です。森山氏の研究結果だけから「花粉症患者は無農薬栽培を避けるべき」といった話を掲載した週刊誌(アサヒ芸能・4月14日号)もありましたが、これはあまりに短略的です。

作物には病害虫や低温、水不足など様々なストレスがかかっています。それらに対抗して作物も色々な防御を自ら行っており、その一つが特殊なタンパク質を作ったりため込んだりすることです。まだまだ未知なことが多く、どういう状況でどんなアレルゲンが増えるかなどわかっていませんが、そういうリスクはあるということなんですね。無農薬リンゴの話でも、無農薬の方が病害虫にさらされることが多く、それらに対抗するためにアレルゲンが増えたと考察されています。それらが苦み成分であったりして、味にも影響を及ぼす可能性もあります。基本的にはストレスを出来るだけ与えないように作物を育てるのが良いのでしょう。月並みですが、こういう点から見ても結局は愛情込めてよく手入れをするのが農業の基本だということなんですね。

今回、学会発表をキッカケに話題になっていますが、農薬関連業界などでは作物が病害虫によってリスク成分を増大させる可能性について、以前から言われていました。業界は普段、農薬使用について多くの批判をあびているので、逆に無農薬栽培によるリスク増大を反撃材料に使う可能性があります。私はドングリの背比べ程度の話と考えており、どちらの栽培方法にしろ、きちんと収穫できたものならば実質的な差はないと思っています。データはデータとしても、これをもって無農薬と慣行栽培を対比させるようなことはあまりして欲しくないなと感じました。

筆者

西田立樹(「農薬ネット」主宰)

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    化学肥料に関するデマで打線組んでみた! 【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. 2

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  3. 3

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 4

    医療トンデモの入口は農業トンデモ!? トンデモ情報を発信する人の真の目的は?

  5. 5

    トンデモハンターアベンジャーズ計画:13杯目【渕上桂樹の“農家BAR Naya”カウンタートーク】

最近の記事 おすすめ記事
  1. グリホサートとネオニコチノイド類の使用禁止は非現実的!

  2. 「有機・無農薬」を超えて─ 農産物の「安心」を伝えるために -Part2-:農薬メーカー座談会(後編)(1/2)

  3. 「グリホサートを主成分とするラウンドアップは動物の腸内細菌に影響を及ぼすことが分かっています。これは人間でも起こることでしょう」、「腸内細菌の異常は、全身の免疫や代謝に異常を起こして免疫疾患を起こしたり、さらに脳にも影響して、一部の自閉症の一因となる可能性があります」の言説は、科学的に証明されている事実なのでしょうか。

  4. 「日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ」さらにその数値も他の農薬や他国と比べて高く、農薬に汚染された水を飲んでいるという記述※が『週刊新潮(2020年4月23日号)にあります。水道水は飲んではいけないということですか。

  5. コラム3 トキが絶滅危惧種になったのは?【農薬をめぐる重要な10項目】

  1. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 農薬に関するデマで打線組んでみた〈パート2〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  3. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  4. 国際がん研究機関(IARC)が“おそらく発がん性がある”グループ2Aに分類しています。やはり安全とは言えないのではないですか?

  5. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP