TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

本当なのか!? 「世田谷区の学校給食を有機無農薬食材にする会」の要望内容を検証

食と農のウワサ

オーガニック給食を推進する団体の主張には、事実を無視して慣行農作物の危険を煽ったり、事実と異なる情報や根拠をもとに有機無農薬農作物を礼賛する内容が少なくない。そこでAGRI FACTが世田谷区の学校給食を有機無農薬食材にする会が、オンライン署名サイト「Change.org」で世田谷区長宛に要望書の提出を試みている「世田谷区の学校給食を有機無農薬食材に変えたい!皆の声を区長と教育委員会へ届けよう!まずは世田谷区から全国へ広げよう!」の内容を徹底検証してみた。


日本は世界でもトップクラスの農薬使用国であることをご存じですか?日本で定められている残留農薬基準値は、EU諸国をはじめ世界の基準より大幅に緩く設定されています。

日本は世界トップの農薬使用国→正しくありません

この記事をチェック!

日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

日本で定められている残留農薬基準値は、EU諸国をはじめ世界の基準より大幅に緩く設定→正しくありません

この記事をチェック!

第3回 残留農薬の規制は万全か【農薬について知ろう】

ラウンドアップの農畜水産物への残留基準を緩和した理由は何ですか?

日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

輸入穀物を受け入れやすくし、効率だけを重視した食の産業化の歪みなど、大人たちの都合は確実に子どもたちに押しつけられ、アレルギーやアトピー、集中力の低下(注意欠如多動性障害=ADHD)、自閉症などの激増を招いています。私たちは子どもたちの食の安全を守るため世田谷区の学校給食を有機無農薬食材にする活動を始めました。

アレルギーやアトピー、集中力の低下(注意欠如多動性障害=ADHD)、自閉症などの激増を招いています→正しくありません

根拠のない「農薬使用国との相関」から「発達障害の原因は農薬」と断定する‟給食の有機化”運動が間で広がっています。相関関係は因果関係ではないことが大前提ですが、同じ論拠で、発達障害の原因は有機食品の増加と相関関係が見られるので、「発達障害の原因は有機食品」となってしまいます。

(1)除草剤に含まれるグリホサートや殺虫剤として使われるネオニコチノド系農薬は、がんなどの生活習慣病だけではなく、子どもの発達障害、アレルギーなどの因果関係が疑われていること

日本で定められている残留農薬基準値は、EU諸国をはじめ世界の基準より大幅に緩く設定→正しくありません

この記事をチェック!

世界のグリホサート安全性評価

2015年、国際がん研究機関(IARC)は発がん性リスクを5段階のうち2番目に高い危険度で示したそうですが、やはりグリホサートには発がん性がありますか。

セラリーニ教授のラットを使った実験で、「ラウンドアップを与えた方は、腫瘍の数が2〜3倍」になったそうです。この結果はどう判断したらいいですか。

グリホサートと子どもの発達障害、アレルギーとの因果関係が疑われている→正しくありません

この記事をチェック!

グリホサートとASDの関連は確認されず!  千葉大学発表の動物実験に関するQ&A

グルテン過敏症を引き起こす説の非科学性を糺す!

【誤り】検証内容「(子どもが)理由がないのに突然怒り出すのは、グリホサート(ラウンドアップの主成分)との因果関係があるのではと検査した。腸の粘膜に小さな穴が開くリーキーガット症候群により、真菌クロストリジウムが脳神経の炎症を引き起こしている可能性がある」山田正彦氏(元農水大臣)

【誤り】検証内容「米国では(ラウンドアップの主成分グリホサートは)発達障害の原因のひとつ」山田正彦氏(元農水大臣)

ネオニコチノイドと子どもの発達障害、アレルギーとの因果関係が疑われている→正しくありません

農薬工業会の検証記事を参照!
https://www.jcpa.or.jp/news/pdf/news_200529.pdf

近年EU諸国をはじめとする世界各国で次々と使用禁止となっています。

近年EU諸国をはじめとする世界各国で次々と使用禁止→正しくありません

この記事をチェック!

グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

世界の流れはグリホサート禁止ではない EU加盟国とメキシコの動き

ネオニコチノイドについては農薬工業会の記事を参照!
https://www.jcpa.or.jp/news/pdf/news_200529.pdf

子どもの命と健康を守るため、給食において食の安全・安心を確保することは喫緊の課題であると考えます。

本当の意味での食の安全とは

この記事をチェック!

食品の安全性確保とは何か

韓国の有機給食の実情

この記事をチェック!

韓国における有機農産物と学校給食の実態

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 唐木英明(公益財団法人食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授)

  2. グルテン過敏症を引き起こす説の非科学性を糺す!

  3. 「有機・無農薬」を超えて─ 農産物の「安心」を伝えるために -Part2-:農薬メーカーとしてのIPMへの取り組みと問題点(安心農産物生産のツールとして)

  4. 国際がん研究機関(IARC)が“おそらく発がん性がある”グループ2Aに分類しています。やはり安全とは言えないのではないですか?

  5. どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  1. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  2. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  3. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

  4. 国際がん研究機関(IARC)が“おそらく発がん性がある”グループ2Aに分類しています。やはり安全とは言えないのではないですか?

  5. 第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP