TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

米国Right to know「ラウンドアップ裁判の原告側弁護士が刑事責任で逮捕」

ニュース

2019年12月18日、米国Right to Knowは弁護士ティモシー・リッツンバーグ氏(編集部注: 2018年8月10日、モンサント社を相手取り、末期がん患者ジョンソン氏を原告とする裁判で初めて勝訴し、総額320億円の賠償金認定に導いた、いわゆる「ジョンソン対モンサント事件」の弁護士)は、モンサント社(編集部注:ラウンドアップ等の製造メーカー)に対して、コンサルティング料として2億ドル(=約220億円)を要求する代わりに、モンサント社に打撃を与える可能性がある情報を黙秘すると脅迫したとして、強要を企てる意図がある恐喝未遂、共謀と各州間の伝達それぞれの罪で起訴された。同氏は2019年12月17日に逮捕され、その後保釈された。

Attorney for Roundup Cancer Plaintiffs Arrested on Criminal Charges

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  3. 3

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「有機農業と慣行農業、どっちがいいの!?」【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. 「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(全文)

  3. グリホサートの安全性に関する所感【解説】

  4. 7. 全ての農薬はポジティブリストで管理される【農薬をめぐる重要な10項目】

  5. 慣行栽培批判はやめて! わら1本の革命が現代では起きない理由4つ【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  1. 【誤り】検証内容「グリホサートの影響を減らすには食事を有機に切り替えることが最も確実な方法だ」猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  2. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  3. 第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  5. 【誤り】グリホサートは発達障害など子供たちの健康に影響がある 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP