TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

米国Right to know「ラウンドアップ裁判の原告側弁護士が刑事責任で逮捕」

ニュース

2019年12月18日、米国Right to Knowは弁護士ティモシー・リッツンバーグ氏(編集部注: 2018年8月10日、モンサント社を相手取り、末期がん患者ジョンソン氏を原告とする裁判で初めて勝訴し、総額320億円の賠償金認定に導いた、いわゆる「ジョンソン対モンサント事件」の弁護士)は、モンサント社(編集部注:ラウンドアップ等の製造メーカー)に対して、コンサルティング料として2億ドル(=約220億円)を要求する代わりに、モンサント社に打撃を与える可能性がある情報を黙秘すると脅迫したとして、強要を企てる意図がある恐喝未遂、共謀と各州間の伝達それぞれの罪で起訴された。同氏は2019年12月17日に逮捕され、その後保釈された。

Attorney for Roundup Cancer Plaintiffs Arrested on Criminal Charges

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 2

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(後編):9杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(2/4)

最近の記事 おすすめ記事
  1. どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  2. 原田孝則(一般財団法人残留農薬研究所理事長)

  3. 民間の参入により種子が値上がりして、米の価格が高騰するのか?

  4. どうしてラウンドアップが裁判の標的にされているのでしょうか。反GM運動と関係ありますか?

  5. 種子法のどこが時代遅れになったのか?

  1. 化学物質ってなーんだ? その1

  2. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  4. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

  5. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP