TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

お米の種類によってはアレルギーが起こる?

リクエスト回答
https://agrifact.jp/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

お米の種類でアレルギーになるといった書き込みを見ました。
私としては眉唾ものと思いましたが、実際のところどうなのでしょうか?
記事はこちらのFacebookへの投稿で見ることができます。

チェブ公


https://agrifact.jp/wp-content/uploads/2021/06/agrifact_alternative_logo-300x300.png

リクエストで触れているFacebookの投稿を読みました。

お米の種類には、アミロースが少なくアミロペクチンが多い「アレルギー・アトピーになる可能性がある」系統の種類と、アミロースが多くアミロペクチンが少ない「アレルギー・アトピーにほぼならない」系統の種類があるという内容でした。

しかし、一般的には、アレルゲンになるものはタンパク質です。

アミロースもアミロペクチンもデンプンですので、そもそもアレルゲンではありません。

また、ヒスタミンが含まれている可能性があるのは、魚やその加工品のほかワインやチーズなどの発酵食品です。

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    化学肥料に関するデマで打線組んでみた! 【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  2. 2

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  3. 3

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 4

    医療トンデモの入口は農業トンデモ!? トンデモ情報を発信する人の真の目的は?

  5. 5

    トンデモハンターアベンジャーズ計画:13杯目【渕上桂樹の“農家BAR Naya”カウンタートーク】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 経営論で語るIPM2(事例紹介)

  2. アメリカでは食品中の残留農薬の関心が高く、グリホサートがいくつかの作物で検出される可能性があると警告しており、日本の農水省の姿勢とは異なると聞きました(※)。大丈夫でしょうか?

  3. 収穫前にラウンドアップを撒いて小麦を枯らし、それから収穫すると、効率がよくて収量がいい。これをプレハーベスト(収穫前)と言うそうですが、カナダやアメリカの小麦のほぼすべてからグリホサートが出ると聞きました。プレハーベストはやめた方がよいのではないですか。

  4. なぜ農薬は医療品と比べて必要な試験が少ないのですか?この試験で、子どもやお年寄りなどに影響がないと言えるのですか?

  5. 根拠あやしき「グリホサート情報」を流し続けるマムズ・アクロス・アメリカの正体

  1. アメリカの除草剤ラウンドアップ(主成分名グリホサート)裁判について:よくあるご質問(FAQ)

  2. 世界のグリホサート安全性評価

  3. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

  5. 怪しさ満点「デトックス・プロジェクト・ジャパン」イベント潜入記:10杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP