TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

世界のグリホサート安全性評価

食と農のウワサ

Genetic Literacy Projectが作成した「世界の規制研究機関によるグリホサート評価サマリー表」を日本語に翻訳しました。

世界の規制研究機関によるグリホサート評価サマリー表(日本語版)グリホサート評価サマリー表(日本語版)世界各国の規制研究機関は、「人に対しての発がん性がある可能性は低い」、「人の健康に対してリスクはない」、毒性があるという根拠は、ほとんどない」、「(IARCの)発がん性の危険分類には正当性がない」といった評価をグリホサートに与えています。

※:サマリー表にあるEPA(アメリカ合衆国環境保護庁)の2019年、2020年の評価、並びにefsa(欧州食品安全機関)の2018年の評価は、AGRI FACTが追加しました。

参照

What do global regulatory and research agencies conclude about the health impact of GLYPHOSATE?

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 25年以上前にラウンドアップを使った人は、がんになる可能性があるのでしょうか?

  2. 食と農 安全・安心を考える 有機農業が唯一の解決策ではない みんなが食べ続けていくために選択の自由を守る

  3. 1. 食品添加物の安全性は科学的に評価されている【食品添加物をめぐる重要な10項目】

  4. 第4回「『自然派被害』は自己責任なのか」(後編)【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  5. 「妊婦のグリホサート摂取量は想像以上に多く、自閉症など発達障害との関係が取りざたされている」という主張を『週刊新潮(2020年4月30日号)』で読みました。根拠はありますか。

  1. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  2. 食品の安全性確保とは何か

  3. 何年経ってから障害が…“農薬大国”日本の現実「見えない毒性」から身を守るためには? 「奥野修司/文春オンライン/2021年3月12日公開」をチェック!

  4. 第11回 農薬の勉強会を開きませんか?【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  5. 緊急セミナー「『ラウンドアップ問題』を考える 動画&プログラムまとめ

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP