TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

「日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ」さらにその数値も他の農薬や他国と比べて高く、農薬に汚染された水を飲んでいるという記述※が『週刊新潮(2020年4月23日号)にあります。水道水は飲んではいけないということですか。

食の疑問に答えます

※記述の原文(抜粋):ラウンドアップもネオニコと同じで、雨が降ると河川に流れ、やがて水道水に流入する。ところが、日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ。 その数値も2mg/L(ppm)と、他の農薬に比べてダントツに高いのだ。(略)ちなみに EU では 0.001ppmだから、日本の水道水は、ラウンドアップの成分がEUより2万倍溶けていても飲めることになる。比較的ゆるいアメリカは0.7ppm。これを超えると「腎臓障害・生殖困難」を引き起こすと警告しているが、日本はこの3倍近くもゆるいのだ。これまで日本の水道水は「安全でおいしい」といわれてきたが、実際は農薬に汚染された水を飲んでいることになる。

「農薬に汚染された水」というのは完全な誤りです。日本の水道水は100%安全です。この筆者の言説には、読者を不安にさせる多くのミスリードがあります。

まずは散布されたグリホサートがそのままの濃度で河川、水道水に移行するような印象を与えていますが、実際は2日で半減するスピードで土壌中で減衰していきます。

次に日本の水道水では、高濃度のグリホサート残留基準値・目標値が設定されているように思わせる記述がありますが、この記述にも悪意があります。グリホサートに「基準値」がなく、「目標値」のみである理由は、水質基準値原案(毎日2Lの水道水を一生涯飲んだとしても安全な濃度)がグリホサートの場合は2ppmの10分の1である0.2ppmを超える濃度が水道水から検出されたことがなく、さらに言えば検出される恐れがないからです。実際に、日本の水道水ではグリホサートは0.02ppmを超える濃度の検出例がありません※。

仮にグリホサートのように検出される恐れがないにもかかわらず、基準値が設定されると、水道事業者(例えば各都道府県)は、その濃度を必ず検査しなくてはならず、水道中のすべての物質を検査することは非現実的だからです。基準値は本当に検出される可能性のあるものだけに設定されています。

では目標値はなんのために存在するのでしょうか。筆者は、「その数値(目標値)も2mg/L(ppm)と、他の農薬に比べてダントツに高いのだ」と述べていますが、水質基準値・目標値は「実際に水中に含まれる濃度」ではなく、「どの程度の濃度までなら安全か」という考え方で決められています。要するに、数値が大きいことは、それだけ多くを摂取した場合でも安全だという意味で、グリホサートの目標値が比較的高いのは人体にとって安全性が高いことの裏返しなのです。筆者の言説は目標値と基準値の意味を理解していない、もしくはあえて読者に誤認させるものです。

さらに「農薬に汚染された水」との記述がありますが、分解物を含むグリホサートに関しては、厚生労働省の調査※において、水道水から0.02ppmを超える検出例はありません。さらにその他の119種の農薬についてもほとんど検出例はありません。つまり農薬に汚染された水という主張や表現は、読者の不安を煽るだけの完全な間違いです。読者のためとは言えません。

※2011年(平成23年)年~15年(平成27年)年の5年間、日本全国、延べ2615地点での調査において、 0.02ppm(0.02 mg/L、目標値の1/100) を超過するグリホサートは検出されていません。
厚生労働省 平成29年度水道水及び水道用薬品等に関する調査等一式業務報告書
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000199548.pdf

詳細は、農薬工業会(週刊新潮第6回2020年4月23日号に関する農薬工業会見解)
https://www.jcpa.or.jp/news/pdf/news_200430_01.pdf をご覧ください。

※週刊新潮ファクトチェックより抜粋・再編集

『週刊新潮』(2020年4月23日号)掲載 グリホサート/ラウンドアップに関する記述を徹底検証2

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    そんな成分で効くの? 農薬っぽくない農薬【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 昆吉則(株式会社農業技術通信社代表取締役 兼 『農業経営者』編集長)

  2. 第13回 デトックスという物語、毒出しという疑似科学【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 9. 十年間、食品添加物による健康被害は報告されていない【食品添加物をめぐる重要な10項目】

  4. 化学物質が身体に悪いかどうかは量で決まる – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.9)

  5. 世界の流れはグリホサート禁止ではない EU加盟国とメキシコの動き

  1. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 第1回 なぜ農薬を使うのか【農薬について知ろう】

  3. 食品の安全性確保とは何か

  4. 国際がん研究機関(IARC)が“おそらく発がん性がある”グループ2Aに分類しています。やはり安全とは言えないのではないですか?

  5. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP