TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、<GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解>と題した記事についての訂正要望を出しました。

ニュース

(2020年1月29日)食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、2020年1月17日に公開された日刊ゲンダイDIGITAL・奥野修司氏の《GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解》と題した記事について訂正要望を出しました。

同記事は科学的観点から見てあまりにも誤りが多く、読者を惑わすフェイクニュースに近い内容です。同ネットワークはこのままでは読者に誤った情報が伝えられたままだとし、読者に正しい情報を共有するために、科学的根拠に基づき解説をしています。

【詳細はこちら】

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  2. 2

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 3

    「グリホサートは多くの病気の原因」というセネフ博士の主張は科学的に正しいのか?(1/4)

  4. 4

    「日本では水道水に残留するグリホサートの基準値がなく、目標値だけ」さらにその数値も他の農薬や他国と比べて高く、農薬に汚染された水を飲んでいるという記述※が『週刊新潮(2020年4月23日号)にあります。水道水は飲んではいけないということですか。

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP