TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、<GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解>と題した記事についての訂正要望を出しました。

ニュース

(2020年1月29日)食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、2020年1月17日に公開された日刊ゲンダイDIGITAL・奥野修司氏の《GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解》と題した記事について訂正要望を出しました。

同記事は科学的観点から見てあまりにも誤りが多く、読者を惑わすフェイクニュースに近い内容です。同ネットワークはこのままでは読者に誤った情報が伝えられたままだとし、読者に正しい情報を共有するために、科学的根拠に基づき解説をしています。

【詳細はこちら】

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  3. 3

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  4. 4

    どんと来い、トンデモ村人(前編):8杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  5. 5

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

最近の記事 おすすめ記事
  1. 第17回 人を傷つけないオーガニック2022【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  2. 食品安全情報ネットワーク(FSIN)は、<GM作物の毒性は2年間の実験で分かるのに行われない不可解>と題した記事についての訂正要望を出しました。

  3. 企業の参入を促すと、海外の大企業が日本の農業を席巻しないか?

  4. 小島正美(「食品安全情報ネットワーク」共同代表)

  5. 『有機・無農薬』を超えて─ 農産物の『安心』を伝えるために:作物保護戦略としての総合的害虫管理(IPM)

  1. 発がん性評価に使用したデータの質に大きな差 IARCだけが各国規制機関と見解が分かれた要因を読み解く

  2. グリホサート(除草剤ラウンドアップの有効成分)承認国一覧

  3. 農薬に関するデマで打線組んでみた〈パート2〉【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

  4. 【誤り】検証内容「豚のへその緒に(ラウンドアップの主成分グリホサートが)蓄積するということは、人間にも起こりうることを意味する。もし妊娠している女性が摂取すれば、へその緒を介して胎児にも深刻な影響を与えかねない」山田正彦氏(元農水大臣)

  5. ラウンドアップの安全性について:よくあるご質問(FAQ)

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP