TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

フランスがグリホサートの使用禁止措置を断念

ニュース

アメリカの「Genetic Literacy Project(遺伝子リテラシープロジェクト=GLP)」は、資金の独立性を保ちながらバイオテクノロジーのイノベーションに関する情報を収集・分析し、調査結果を発表している。この記事はGLPの調査結果の一部の抜粋である。

フランスのマクロン大統領は2017年、「3年以内にグリホサート関連製品を使用禁止にする」ことを公約としていた。しかし今回、「2021年までにグリホサートの使用禁止措置が取れない」ことを正式に発表した。

畑作経営でグリホサート関連製品の使用を禁止すると、最大では16%もの営業利益の損失が生じる。1ヘクタール換算では最大80ユーロ(約10,000円)の損失で、フランスの平均経営規模87ヘクタールの場合、最大で7,000ユーロ(約88万円)の追加コストが必要となる。損失を考慮し、2020年12月7日にはグリホサートの使用停止に同意する生産者への財政援助を発表している。

原文

France will pay farmers to give up popular glyphosate weedkiller after proposed ban fails| Genetic Literacy Project
「フランスは提案していた一般的な除草剤グリホサートの使用禁止に失敗したあと、使用停止する生産者に支払いをする(GLPチーム2020年12月8日公開) 」を翻訳・編集した。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    ラウンドアップ裁判で被告バイエル社勝訴の初判決下る

  3. 3

    第12回 有機給食がカルトの餌場になる前に【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

最近の記事 おすすめ記事
  1. 3.そもそも育種って どのようなもの?【私たちのそして世界の食生活を支える育種技術】

  2. 種苗法トンデモ体験記:2杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  3. 第3回 農薬登録を取るまでの作業、安全性試験の概要【たてきの語ろう農薬】

  4. 「(ラウンドアップは)一部の自閉症の一因となる可能性があります」「米国の疫学研究では、グリホサート暴露と自閉症発症に相関関係があると言われていますが、科学的な話なのでしょうか。

  5. 1. 科学的な文章の読み方【科学的な情報の読み方と伝え方】

  1. 何年経ってから障害が…“農薬大国”日本の現実「見えない毒性」から身を守るためには? 「奥野修司/文春オンライン/2021年3月12日公開」をチェック!

  2. 世界のグリホサート安全性評価

  3. 日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  4. 【誤り】検証内容「グリホサートの影響を減らすには食事を有機に切り替えることが最も確実な方法だ」猪瀬 聖氏(ジャーナリスト)

  5. 【誤り】検証内容「(輸入小麦が原材料のパンに)残留したグリホサート(ラウンドアップの主成分)の生殖器官への影響は10億分の1レベルの微量でも出てしまうので、極力体内に入れてはいけない」印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー))

提携サイト

食の安全・安心財団

 

 

食品安全情報ネットワーク
食の安全と安心を科学する会
TOP