TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

フランスがグリホサートの使用禁止措置を断念

ニュース

アメリカの「Genetic Literacy Project(遺伝子リテラシープロジェクト=GLP)」は、資金の独立性を保ちながらバイオテクノロジーのイノベーションに関する情報を収集・分析し、調査結果を発表している。この記事はGLPの調査結果の一部の抜粋である。

フランスのマクロン大統領は2017年、「3年以内にグリホサート関連製品を使用禁止にする」ことを公約としていた。しかし今回、「2021年までにグリホサートの使用禁止措置が取れない」ことを正式に発表した。

畑作経営でグリホサート関連製品の使用を禁止すると、最大では16%もの営業利益の損失が生じる。1ヘクタール換算では最大80ユーロ(約10,000円)の損失で、フランスの平均経営規模87ヘクタールの場合、最大で7,000ユーロ(約88万円)の追加コストが必要となる。損失を考慮し、2020年12月7日にはグリホサートの使用停止に同意する生産者への財政援助を発表している。

原文

France will pay farmers to give up popular glyphosate weedkiller after proposed ban fails| Genetic Literacy Project
「フランスは提案していた一般的な除草剤グリホサートの使用禁止に失敗したあと、使用停止する生産者に支払いをする(GLPチーム2020年12月8日公開) 」を翻訳・編集した。

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    学校給食を有機に!というトンデモ(前編):11杯目【渕上桂樹の“農家BAR NaYa”カウンタートーク】

  3. 3

    ラウンドアップはなぜ風評被害に遭っているのか?【解説】

  4. 4

    【誤り】発がん性のある除草剤グリホサート 藤田和芳氏(オイシックス・ラ・大地㈱代表取締役会長)

  5. 5

    グリホサートとネオニコチノイドに対する農家の本音【落ちこぼれナス農家の、不器用な日常】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP