TwitteアイコンFacebookアイコンユーザーボイス 取材リクエスト リクエスト回答 寄付のお願い メルマガ AGRI FACTとは

第2回 アメリカ産小麦健康悪影響説の火元はこれだ【アメリカ産小麦は安全か】

食と農のウワサ

前回の記事でファクトチェックの対象となり、アメリカ産小麦健康悪影響説の火元となったネット記事が、活動家のサラ・ポープ氏が2014年に投稿した「小麦が有害な本当の理由(グルテンが原因ではない)」である。この記事はさまざまな形態で全米に拡散され、ついには日本にも上陸した。収穫前の除草剤散布(プレハーベスト)がごく一部で行われるアメリカ産小麦の残留農薬の危険性を訴える誤情報の元ネタとなっている。AGRI FACTでは、小麦有害説検証の一環として、この投稿記事を紹介する。


アメリカで小麦アレルギーや消化不良を起こした人が、休暇で訪れたイタリアでパスタを食べても全く症状が出なかったというメールがありました。小麦を食べると自己免疫反応が起きるときと起きないときがあるのはなぜか、と混乱する親たちがいます。私が家で作った小麦は食べられるのに、なぜ夫はレストランでロールケーキ1個でも食べると消化不良を起こすのか、長い間考えてきました。
小麦には、一般にはあまり知られていない問題があることは明らかです。

問題はプレハーベストだった

私は長い間、アメリカの小麦は遺伝子組み換え(GM)作物に違いないと思っていました。それが、私が聞いたさまざまな体験談を説明できる唯一の理屈であるように思えたからです。

数カ月前、小麦の生産工程に詳しい友人と食事をしながら、ようやく答えが出たのです。自分でも調べてみたのですが、正直言ってぞっとするような発見がありました。

良いニュースは、アメリカで小麦がこれほど有害になったのは、私が恐れていたような遺伝子組み換えを密かに行っているからではない、ということでした。しかし悪いことに、従来の小麦農家による小麦の栽培と収穫の方法に問題があるのです。

アメリカでは、小麦の収穫の際に、コンバインで収穫する数日前にラウンドアップを散布し、より早く、簡単に、大量に収穫できるようにするのが一般的な手順となっています。

参考

この問題を研究しているマサチューセッツ工科大学(MIT)のステファニー・セネフ博士によれば、無農薬の小麦を収穫直前にグリホサートで乾燥することが1990年代後半に流行し、その結果、米国内の無農薬小麦のほとんどがグリホサートで汚染されたとのこと。「小麦にグリホサートのような有毒な化学物質をかけると、実は種がたくさん出て、収量が少し増えるのです」とセネフ氏は説明します。「小麦は死ぬと種になり、死ぬ間際に種を放出するのです」とセネフ博士は言います。

米国農務省によると、2012年現在、デュラム小麦の99%、春小麦の97%、冬小麦の61%が除草剤で処理されているとのことです。これは1998年以降、デュラム小麦の88%、春小麦の91%、冬小麦の47%から増加しました。

アメリカ小麦農家のコメント

小麦農家のKeith Lewisさんのコメントを紹介します。

「私は50年間小麦農家をやっているが、小麦の生産でよく行われるのが、収穫直前に除草剤ラウンドアップ(有効成分グリポサート)を散布することです。ラウンドアップは、収穫前の雑草防除のために認可されている。ラウンドアップの製造元であるモンサント(現バイエル)社は、穀粒の水分が30%を超えた時点で散布すると、植物がラウンドアップを穀粒に取り込むと主張しています。農家がこの方法を好むのは、ラウンドアップが小麦の株を枯らし、早めの収穫を可能にするからです。
小麦畑は不均等に熟すことが多いので、収穫前にラウンドアップを散布することで、青々とした部分と熟した部分を均等にすることができるのです。その結果、成熟度の低い部分ではラウンドアップが穀粒に移行し、最終的にそのように収穫されるのです。
この行為は免許制ではありません。農家は間違えて乾燥と呼んでいます。小麦粉を使った製品を食べる消費者は、間違いなく微量のラウンドアップを摂取している。このような農法は、私にとって非常に懸念すべきものであり、小麦製品の消費者にとってもさらに懸念すべきものです。」

アイダホ州のWoodland and Wheat社の小麦農家Seth Woodland氏は、小麦のドライダウンに除草剤を使用する習慣について、次のように語っています。

「その習慣は悪いことです。私の周りの農家でそれをやっている人がいますが、悲しいことです。幸運なことに、私たちの全員がそのような農業を営んでいるわけではありません。農家であると同時に企業の社長でもある私たちは、小麦にラウンドアップを使用していないことを誇りに思っています。
このような行為は、米国だけでなく広く行われているわけではありません。イギリスの食品基準局は、小麦の乾燥剤としてラウンドアップを使用した結果、パンのサンプルにグリホサートが定期的に残留していると報告しています。しかし、他のヨーロッパ諸国はその危険性に目を覚ましています。
小麦の生育期間全体、さらには収穫直前の乾燥剤としてラウンドアップを使用することは、農家にとってはコスト削減と利益の増加につながるかもしれませんが、グリホサート残留物を含んだ小麦の穀粒を最終的に消費する消費者の健康にとっては破壊的なことなのです。」

セネフ論文の主張

除草剤業界では、グリホサートは人体への毒性は低いと主張していますが、『Entropy』誌に掲載された研究*は、グリホサートが哺乳類の生理機能をどのように阻害するかを明らかにし、その誤りを強く主張するものです。

MITのAnthony SamselとStephanie Seneffが執筆したこの論文は、グリホサートがチトクロームP450酵素を阻害し、哺乳類の致死毒性において見過ごされている要素を調査しています。

現在では、グリホサートは人間や哺乳類に害を与えないという見解が一般的です。 この欠陥のある見解は従来の農業界に浸透しており、ラウンドアップのセールスマンがプレゼンテーション中に自ら飲むという愚かなことが知られているほどです。

しかし、ラウンドアップはすぐに死なないからと言って、無毒とは言い切れない。 実際、ラウンドアップの有効成分グリホサートは、有益な腸内細菌に見られる、重要なアミノ酸の合成に関わる重要なシキミ酸経路を致命的に破壊してしまいます。

ラウンドアップは、腸内の善玉菌の働きを著しく阻害し、腸壁の透過性を高め、結果として自己免疫疾患の症状を発現させる一因となっています。

さらに悪いことに、グリホサートへの暴露による悪影響は、数カ月から数年かけてゆっくりと進行し、炎症が体の細胞系に徐々に足場を固めていくのです。

この全身性炎症の結果が、欧米のライフスタイルに関連するほとんどの病気や症状なのです。

消化器系疾患、肥満、糖尿病、心臓疾患、うつ病、自閉症、不妊症、癌、多発性硬化症、アルツハイマー病etc。

セネフ博士の研究は、ラウンドアップに含まれるグリホサートが人体にどのような害を及ぼすかを明らかにしたもので、この毒素は有益な腸内細菌を減少させ、病気や変性、苦痛をもたらすという悲劇的な結末をもたらします。

小麦の消化に問題がないと思っていても、食事では従来の小麦をできるだけ避けることが賢明です。

*セネフ研究に関する詳しい検証記事はこちらを参照

有害な小麦は避けなければならない

グルテンアレルギーや小麦過敏症でなくとも、アメリカでは従来の小麦を避けることが絶対に必要です。例えば、肉料理の代用品として人気のあるセイタン(バイタル・ウィート・グルテンとも呼ばれる)など、小麦を使用した食品を避けることも必要です。小麦へのグリホサート散布量の増加は、セリアック病やグルテン不耐症の増加と密接な関係があるからです。

セネフ博士は、これらの病気の増加は遺伝的なものだけでなく、環境的な原因もあると指摘し、食事からグルテンを除去することですべての患者の症状が緩和されるわけではないとしている。

グリホサートがあなたの生物学に及ぼす影響は非常に狡猾で、今日、症状がないことは文字通り何の意味もありません。今、小麦に問題がなくても、将来、慣行的に生産された有害な小麦を食べ続ければ、そうなるのです

小麦の安全な食べ方

すでに小麦に過敏症やアレルギーを発症している場合は、小麦を避けなければなりません。

しかし、もしあなたがセリアック病やグルテンに敏感でなく、この食べ物を安全に摂取したいのであれば、我が家でやっているようにすればいいのです。私たちは、パン作りやパンケーキ、クッキーなどに、オーガニックでグルテンが少なく、ハイブリッドされていない小麦を使用しています。

グルテンアレルギーが全くなくても、外食や店頭で食品を購入する際、従来の小麦製品は例外なく拒否しましょう。もし私たちが何もしなければ、家族全員がいつかは小麦に過敏症になったり、自己免疫疾患になったりするに違いないからです。少なくとも私はそう確信しています。

追記:2015年7月、NPOのSoil Associationは、小麦の熟成・乾燥目的でのグリホサート使用の即時禁止を求めました。同NPOは、グリホサート残留物が非オーガニック小麦のサンプルから広く検出され、小麦作物への除草剤の使用は過去20年間で400%増加したと報告しています。
ロンドンのキングス・カレッジの医学・分子遺伝学部のロビン・メスネージ博士は、ラウンドアップが界面活性剤などの添加剤を含んでいるため、グリホサート単独の1000倍以上の毒性を持つという新しい分析を明らかにしました。
同NPOのポリシーディレクターは「もしグリホサートがパンに含まれてしまったら、オーガニック食品を食べない限り、人々がそれを避けることは不可能だ」と述べています。一方、農家は収穫直前の小麦にグリホサートを散布しないという選択肢を容易に選ぶことができる。Soil Associationがパンに使用される小麦へのグリホサート散布の即時中止を求めるのは、このためです。

この記事は、The Real Reason Wheat is Toxic (it’s not the gluten) by Sarah Pope をAGRI FACT編集部が翻訳・編集した。

第3回に続く

【アメリカ産小麦は安全か】記事一覧

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    第27回 オーガニック給食問題まとめ(前編)【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  2. 2

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  3. 3

    世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.8)

  4. 4

    輸入小麦が危険は本当?「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路(東京大学鈴木宣弘教授)を徹底検証

  5. 5

    第5回「消費されるオーガニックと、料理人の矜持」【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP