寄付 問い合わせ AGRI FACTとは
本サイトはAGRIFACTに賛同する個人・団体から寄付・委託を受け、農業術通信社が制作・編集・運営しています

【動画】農薬を使用した野菜でも安全性が保たれているのはなぜ?

食と農のウワサ

渕上 農薬を使用した野菜でも安全性が保たれてるというのはこれはどういう仕組みなんでしょうか?

唐木 そもそも農家の人が厳しい使用基準を守った使い方をしていること、そしてその基準を守っていれば化学物質、農薬はどんどん分解されて消えていくそういう仕組みがあるからです。

渕上 厳しい基準を守っているというのは分かるんですけど、農薬が分解されるっていうのはこれはどういうことなんでしょうか?

唐木 農薬という物質は太陽の光とか空気に当たるとどんどん分解されて消えていくようなそういう作りになってるからです。

渕上 そうなんですね。散布した時よりも収穫した時がもう分解されて もっと少なくなっている?

唐木 その通りですね。

渕上 なるほど。ということは私たちは食卓にのぼる時には残留農薬はさらに分解されてもう本当に微量になっている?

唐木 その通りですね。どんどん時間と共に消えていきます。

【結論1】農家が厳しい使用基準を 守った使い方をしているから
【結論2】その基準を守っていれば 化学物質、農薬はどんどん 分解されて消えていくから
【結論3】私たちの食卓にのぼるときにはさらに分解されて残留農薬は本当に微量になっている

 

回答者

唐木英明(食の信頼向上をめざす会代表、東京大学名誉教授)

聞き手

渕上桂樹(AGRIFACTコラムニスト、農家BAR NaYa/ナヤラジオ)

 

関連記事

Facebook

ランキング(月間)

  1. 1

    日本の農薬使用に関して言われていることの嘘 – 本当に日本の農産物が農薬まみれか徹底検証する

  2. 2

    もしも農産物の”規格”がなくなったら

  3. 3

    第46回 有機農業の歴史と、汚泥肥料のある未来【分断をこえてゆけ 有機と慣行の向こう側】

  4. 4

    世界がラウンドアップ禁止の流れになっているのは本当か – グリホサートの真実とは2【完全版】(vol.8)

  5. 5

    Vol.6 養鶏農家が「国産鶏肉と外国産鶏肉」問題を語る【農家の本音 〇〇(問題)を語る】

提携サイト

くらしとバイオプラザ21
食の安全と安心を科学する会
FSIN

TOP
CLOSE